「お金持ちの持ち物」と「貧乏人の持ち物」お金持ちになるにはどんな違いがあるのか?

作成



お金持ちと貧乏人は持っている持ち物を見れば分かると聞きます。

持ち物にはその人の考え方やマインドが現れますから・・・貧乏人がタナボタで一時的に大金を手にしても、またすぐに貧乏に戻ってしまうことが多いのはそのためです。

ならば、お金持ちになるチャンスがきた時にそのままお金持ちでいられるためにも、お金持ちと貧乏人の違いについて知っておくとよいのではないでしょうか。

ということで、お金持ちと貧乏人の持ち物の違い2つについてご紹介します。


※不要なモノを手放して得したい人は、こちらの記事もどうぞ
早めに手放しておいた方がいいモノ
高価買取が期待できるモノ

お金持ちと貧乏人2つの持ち物の違い

お金持ちと貧乏人で持ち物に大きく違いが現れるのは次の2つです。

  • モノは大事に長く使う
  • やみくもに流行品を買ったりしない

それぞれについて説明しますね

モノは大事に長く使う

お金持ちは所作が丁寧な人が多いです。お金に余裕があると時間や心に余裕が生まれますから、持ち物を丁寧に扱うことができます。

結果としてモノは長持ちします。

また高級品はメンテナンスに出すことで長く使えたりもしますから、古くなったら買い替えるのではなく、お手入れをしながら長く使うこともあります。

激安店の品物はものすごく安いので、乱暴に扱ってすぐに買い替えてもそんなに大きな出費にはなりません。

だからと言って持ち物を適当に扱うことは良い事でしょうか?安いという事は乱暴に扱うことの理由にはなりませんよね。

無理をして高級品を買う前に、まずは持ち物を丁寧に扱ってみるとお金持ちに一歩近づけるように思います。

やみくもに流行品を買ったりしない

お金持ちの人の中には何かのコレクターで特定の品物を買い集めている人もいますが、流行っているからというだけでやみくもにモノを購入する人はいないように思います。

自分の好きなものは興味をもって調べたり、大金を払って購入したりと熱を注ぎますが、興味のない事にはお金があっても1円も払いたくなかったりと、メリハリのあるお金の使い方をする人が多いです。

つまり、流行や周りの声などに振り回されず、自分の考えをしっかりと持って持ち物選びをしているということです。

ちょっと高価な流行の品は、意外と、貧乏な人が無理をしてローンで購入しているケースも多かったりします。

本当のお金持ちの人がどんな持ち物選びをしているのかをよく見て、自分の持ち物選びの参考にしてみるとよいのではないでしょうか。


今なら、参加で【現金交換可能な2,000円分】ボーナス謝礼が貰える
美容・エステのモニター募集【ヴィーナスウォーカー】

関連記事