無駄遣いしない方法4選!物が少ない状態を維持しているミニマリスト

作成



私は、ミニマリズムを生活に取り入れていまして、不要なモノを増やさないでいられているという事は、 無駄遣いをしないでいられている事かな・・・と思っています。

そこで、「無駄遣いをしない方法4つ」について、ご紹介します。



※お金の勉強方法について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ
全部無料!お金の勉強法3つ

無駄遣いをしない事に役立っている4つ事

私が思う「無駄遣いをしない方法」は、次の4つです。

  • 一度、全ての持ち物の数を数えた
  • ミニマリストと名乗っている
  • そんなに買い溜めしなくてもいいと思っている
  • 買い物の試行錯誤をしている

それぞれについて説明しますね。

一度、全ての持ち物の数を数えた

まず、「一度、全ての持ち物の数を数えた」についてですが、 これによって、私は、いったん、自分の持ち物の全体像の把握ができました。

なので、把握できない状態になるのが嫌なんです。 「分かる範囲にとどめておきたい」という気持ちが働いているように思っていまして、 無駄遣いをしてモノが増えることの抑止力になっていると感じています。

ミニマリストと名乗っている

そして、「ミニマリストと名乗っている」についてですが、 こちらも、同じく抑止力になっています。

ミニマリストではなくても、無駄遣いをやめると宣言する形でもいいと思います。 自分の心の中で決心するだけでなく、 周囲の人やSNSなどで、自分のなりたい姿を宣言すると、 そうあろうとするものです。 言葉にしてみる力って、侮れないと実感しています。

そんなに買い溜めしなくてもいいと思っている

そして、「そんなに買い溜めしなくてもいいと思っている」についてですが 例えば、品薄状態となる事が時々あるトイレットペーパーなどの日用品。

ドラックストアの棚などを見ると、スカスカで 買い溜めしておかないとまずいかな・・・という心境になる気持ちは分かります。

でも、見た目的にここまでの状態になったとしても、 実際に、本当に足りなくて困るという状況にはなっていないですよね。

商品を入手する方法にしても、昔は近所の数店舗しかなかったと思いますが、 今は、日用品を購入できるお店が近所に何店舗もある人は多いでしょうし、 ネットで購入する方法、メルカリなどで個人取引する方法など、入手ルートもたくさんあります。

パニックをおこしてみんなが買いだめに走らなければ、 そんなにモノが足りなくなることはないのではないかな? という気がしてなりません。

多少の備えは必要です。 でも、現代社会の品揃えやインフラ状況を考えると、 そんなに買い溜めをしなくても大丈夫だろうという気持ちがありまして、 必要以上に買い込むことはしなくて平気かなと思えています。

買い物の試行錯誤をしている

そして、「買い物の試行錯誤をしている」についてですが 必要な物において、試しに買ってみるという冒険は無駄ではありません。 結果として失敗となったとしても、 「無駄かもしれないけど買ってみる」という判断も時には必要ですよね。

ただし、必要でもないモノにたいして、気軽にこれをやりすぎていると、くせになります。

なので、ごく限られた「自分にとって必要な物」に対して、 時々、無駄かもしれないけど買ってみるという試行錯誤をしてみるのが良いのではないでしょうか。

こういうのがあると、「無駄遣いは絶対にしない!」という完ぺき主義になりすぎず 程よい息抜きになり、このゆるさが、無駄遣いをしないことにつながっているのではないかなと思っています。


関連記事