金持ちと貧乏の違い。貧乏人になるたったひとつの行動

作成



世の中には、お金持ちと貧乏の2種類の人がいます。
あなたはどちらのタイプでしょうか?できれば貧乏人タイプにはなりたくないですよね。

お金持ちになれるか?貧乏になるか?を分けるのは様々な要素がありますが、根本的に両者を分けるのは、たった一つの行動の違いです。

つまり、お金持ちになりたければ、たった一つの行動を意識すればよいのです。

ということで、貧乏人になってしまうたった一つの行動についてご紹介します。

※今後の生活のお金は足りる?心配な人はこちらの記事もどうぞ
私って貧乏かチェックする方法

※貧乏になりたくないなら、お金の勉強は必要!無料でできます
お米や牛肉プレゼント特典等もある無料マネーセミナー


女性限定、参加無料マネーセミナー【スクロール】



>> 隙間時間に簡単お小遣い稼ぎ3選 <<

金持ちと貧乏の差はどんどん広がる

お金持ちの人はどんどんお金持ちになり、貧乏な人はどんどんお金がなくなっていく・・・時間がたつほどに双方の差は広がっていきます。

生まれながらの貧富の差はありますが、それはまた別の問題ですので今は置いておくとして、働き出す若い頃の同年代の経済状況は似たり寄ったりなのに、いつの間にかお金持ちと貧乏にはっきりと明暗が分かれます。

差が広まるということは、日々のちょっとした行動の積み重ねがお金持ちと貧乏の違いを作っているという事になります。

金持ちと貧乏は何が違うのか?

違い

日々の行動において、お金持ちと貧乏人の何が違うのかというと・・・

「今やるか?」「明日からやるか?」の違いです。

現時点で、今と明日の違いはたった1日です。

でも、「明日やろう」という人は、明日になっても、その次の日になっても、「明日やろう」と思うままで、実は一向にやらないことが多いです。

なので、3日経てば両者の違いは4日間。10日経てば11日間。1か月・1年・5年と、その差はいつの間にか大きくあけられて、とても追いつけないほどの違いを生み出します。

「時は金なり」という有名な言葉がありますが、その言葉の通り、やらずに過ぎた時間こそが持っているお金の違いとして現れるのです。

貯金は小さなことの積み重ね

数百万円や数千万円の貯金を短期間で作ることは難しいです。

でも、貯金って、100円でも千円でも小さな金額からできて、コツコツと続けることで時には大きく貯めることができたりするものです。

つまり、早めに真剣に取り組んで、辞めずに続けることができれば、誰でもそれなりの貯金はできるもの。

細かい貯金のテクニック等は、やっているうちに少しずつ身につければいいので、まずは今すぐできる事を始められる人が、お金持ちになれる人タイプの人ということになります。

貧乏になるのは意志の弱さや環境の問題ではない

変わる

「自分は意志が弱いから貯金が続かない・・・」「家が貧乏だからお金持ちになるのは無理だ・・・」

これらは、お金持ちになるためには厳しい状況ではありますが、色々なハンディを背負っていてもお金持ちになる人はいます。

意志の弱さや貧乏な環境だと絶対に貧乏になるわけではないんです。

なぜなら、人間は変われるからです。

節約や貯金などのお金のやりくりは、意志の力だけで継続する訳ではありません。お金を貯めるコツややり方などのお金の知識を少しずつ身につけることで、お金は貯めたり増やしたりしていくことができます。

金持ちになるか?貧乏になるか?その違いは、今すぐやるか?やらないか?の違いです。

※今後の生活のお金は足りる?心配な人はこちらの記事もどうぞ
私って貧乏かチェックする方法

※貧乏になりたくないなら、お金の勉強は必要!無料でできます
お米や牛肉プレゼント特典等もある無料マネーセミナー


女性限定、参加無料マネーセミナー【スクロール】



>> 隙間時間に簡単お小遣い稼ぎ3選 <<

関連記事