貧乏になる服選び!貧乏人と金持ちの服装の違い

作成



服装を見れば、貧乏人か?お金持ちか?って、なんとなくわかりますよね。

なので、貧乏に見られないように服選びを慎重に行い、限られたお金の中から洋服代を捻出している人も多いかと思います。

でも、間違った「服選び」や「服装へのお金のかけ方」をしていると、貧乏であることがバレバレです。

そこで、貧乏人とお金持ちの服装の違いから、貧乏に見られない服選びのポイントについてご紹介します。

貧乏人とお金持ちの服装の一番大きな違いは?

お金持ちの人は色々な種類の洋服を持っていたり、高価な洋服を買うことができたりします。

高級ブランドの服を着ればお金持ちにみえるのでは?と思いがちですが、実は、貧乏人とお金持ちに服装で一番違う点は「清潔感」です。

生地が傷んでいたり、ほつれていたりせず、汚れや汚いしわがない事など。

遠くから見ても雰囲気で質の良さが分かる事が、貧乏人との違いを生み出しています。

貧乏人の洋服選びの間違い

お金持ちに見えるように、流行の服を買ったり、コーディネートの種類を増やす為に、様々な色やデザインの洋服を買い足していくとお金はどんどん減っていき、貧乏に近づいていきます。

つまり、この行動こそが「貧乏になる洋服選び」でして、私は「服装は毎日変えないといけない」という考え方を手放すことですごく楽になりました。

服装の好みはそれぞれなので、参考にならない部分もあるかと思いますが、私の場合・・・
色はほぼ白と黒、トップスが白でボトムが黒のコーデばかりしています。

でも、洋服の数が少なくて済むので、毛玉がつかないように気を付けたり、洗濯をした後によく見てしわを伸ばしたりと、洋服のお手入れに気を遣うことができるようになりました。

生地が悪くなってきたら早めに新しい洋服を買うようにして、今までよりは少し高価で品質の良い洋服を買うこともできます。

めちゃめちゃお金持ちの人のように、たくさんの種類の洋服は持っていませんが、そもそも、パーティに出かけたり、高級レストランに行ったりする機会自体がほとんどないので、そういった種類の洋服はいりません。

なので、手持ちの服は数枚のカジュアルな服だけですが、持っている服はお金持ちの人と同じような状態に近づけることができます。

この様にすれば「貧乏に見えない服装」になれるのではないでしょうか。

沢山のコーディネートを着こなすことは難しい

いろいろな服装

お金と時間に余裕があって、洋服を沢山着てみてファション研究をできるならば、自分に似合う服を色々探すことができるでしょう。

でも、それはとても難しい事です。

なので、私はせいぜい1パターンか2パターン位の「まぁまぁ自分に似合う服」を見つけて、そればっかり着ています。

でも、意外と、人は他人の事をそんなに見ていないので、何も言われません。

いつも同じ服ばかり着ているとは思われていないようですし、白と黒の服しか持っていないことも気づいていないでしょう。

人の目は気にせず、自分の好きな服を毎日着ることで、洋服について考える手間が省けて楽になり、シャツの裾をinするかどうか?等の着こなしを楽しめて、むしろオシャレに気を使えるようになりました。

オシャレになりたいなら、あまり着ていない洋服は手放して、洋服の数を少なくしてみること、おすすめです。

着ていない洋服…特に、着物や毛皮は、思いがけない高価買取が期待できます。
出張料&査定料無料!

服を売るなら、賢く買取業者を使い分け事がポイントです!
⇒ブランド服は・・・ブランド買取専門/バイセル
⇒ノーブランドの服は・・・なんでも買います!【買取屋さんグループ】

※今持っているモノを手放したい人は、こちらの記事もどうぞ
今なら無料・お得に手放せる方法(早めに手放しておいた方がいいモノ)
高価買取が期待できるモノ

関連記事