買わない暮らし3つのコツ!買わない暮らしで持たない暮らしを実現!

作成

不要なモノを手放して持たない生活を維持するには、なるべく買わない暮らしをすることが効果的です。

沢山買ってしまうと、やっぱり、モノは増える傾向にあるので必要なモノだけ購入し、無駄なモノは買わないようにしたいところですね。

そこで今日は、「買わない暮らしの3つのコツ」についてご紹介してみたいと思います。

今の自分の状況は貧乏なの?今後の生活のお金は足りるの?
↓ ↓ ↓


【初回限定】今なら先着1万人無料の宅配クリーニング ⇒ 【クリーニングモンスター】

買わない暮らしの為の3つのコツ

私が考える、買わない暮らしのコツは、次の3つです。

  • 1円も使わない日を作る
  • 余裕がある時はギリギリまで買わない
  • 買う店や買い方を決める



それぞれについて説明しますね。

1円も使わない日を作る

まず、「1円も使わない日を作る」についてですが、 必要でもないものを買うために、わざわざお店に行く・・・ なんてことは、誰だって、あまりやりません。

でも、買い物に行ったついでに 必要ではないけどもう一つ余計に買ってしまうという事を ついついやっている人はたくさんいるでしょう。

ついで買いのハードルは、めちゃめちゃ低いです。 なので、買物に行く回数はなるべく少ないほうが、無駄遣いを減らせます。

ちなみに、私が先月お金を使った日数は11日でした。 だいたい3日に1回ですね。

1回買い物をしたら、次の2日はお金を使わないペースなので、 お金を使うのは特別な日で、お金を使わないのが普通の日という感じです。

余裕がある時はギリギリまで買わない

次に、「余裕がある時はギリギリまで買わない」についてですが、 買ったけど使わなかった・・・ということって時々ありませんか?

来月の旅行の時に寒そうだから上着を買ったけど 思いのほか気温が高くて必要なかった。とか

また、私は以前、 そろそろ電子レンジを買い替えようかなと思い、 「買おうと思っているんだ~」と、周りに話していたら、 しばらくして、知人から、 「ちょうど手放そうと思っていたから、もらってくれない?」 と言われたことがありました。

人から貰うというのは、なさそうで意外とありますし、 壊れたと思った家電がなぜか急に直ったとか、 状況が変わることもあります。

ギリギリまで買わないことで、無駄に買ってしまうリスクは下げられます。

買う店や買い方を決める

そして、「買う店や買い方を決める」についてですが、 私は、食料品、日用品や洋服などについて、 どこのお店でどのような支払方法で購入するのかを だいたい決めています。

習慣になって行動が固定されると、 そこから外れるのがちょっと気持ち悪くなります。

つまり、慣れないお店や、使ったことのない支払方法って ハードルが上がる訳です。

これによって、買い物がしずらく、お金が使いにくくなります。

ちょっと「買おうかなー」と思っても、 明日いつものホームセンターに行くから、 そこで買う方が、慣れているので気楽だなぁ。

こんな風な考え方になると、 あまりモノを買わず、あまりお金を使わなくなります。

いつもとは違う買い物をしてみることも 経験値のアップとして、時には必要です。

でも、無駄な買い物が多すぎるから減らしたい・・・ という人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事