※当サイトはアフィリエイト広告を利用しております

「フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣」ジェニファー・L・スコット 神崎朗子(訳)

作成



ミニマリスト界隈では定番の1冊ですが、まだ読んでいなかったので今更ながら読んでおくことにしました。

「どうせ、よくあるシンプルライフ本だろう」と高をくくって読み進めたところ…早々に、「やっぱりヒットした本は違う!」と、漂ってくる空気感の違いに引き込まれました。

この本の序盤は「食事とエクササイズ」。中盤は「ワードローブと身だしなみ」。最後は「シックに暮らす」の3部構成となっており、食事の項では、「きちんとした食事を食べましょう。テレビを見ながら食べたり、おやつにスナック菓子を食べたりするのはやめましょう。」等という、みんなが口をそろえて言っている事とまったく同じ事。
またこれか!もう聞き飽きたよと思いつつ…。

実は私は、ネットを見ながらご飯を食べる習慣があり、スナック菓子も時々食べていまして…。
よくないと思っていても、まだ本気で改めようと思えていないんですよね。
自己啓発本をたくさん読んでも結局何も変わらない人がほとんどで、私も大体においてそういう結果となっているのだけれど、なんと、この本を読んだ日に、「ネットを見ながらご飯を食べる事をやめてみようかな」と思い立ったんです。
この本にはそうしてみたくなる力があります。

多分、描写が美しくて提案が具体的なところが、読んだ人を行動へ導くのかもしれません。

「モノを減らしたいんじゃなくて、理想の自分になりたいからモノを減らす」このことを改めて感じ、これから実現していきたい事をいくつもみつけることができました。

ちなみに、私がこれからやっていきたいと思った事はこんな感じ

  • 食事中にネットは見ない(画面は見ずに音声や音楽を楽しむのはOKとする)
  • スナック菓子などの身体に悪い間食は控える(フルーツや添加物を極力使用していないものを選ぶ)
  • 食事の盛り付けに気をつける
  • 良質なものを選ぶ(食べ物や服など)
  • 自分の体型にネガティブなイメージを持つのをやめる
  • 怠け者にならず体を動かす
  • 家事や日常生活の動きを雑に行わない
  • 五感をフルに活用する
  • 自分に似合っていて気に入る服だけを持つ
  • 自分のスタイルを見つける(シンプル&クラシカル?)
  • コート、靴、サングラス、バッグ、ドレス、ジーンズ、時計、ジュエリーなどはお金をかけて質の良いものにする
  • メイクを楽しむ
  • いつ誰に会っても気後れしない服装をする
  • 自分を表す香水を使う
  • 姿勢をよくする
  • 個人的な事やつまらないことを人に話しすぎない
  • 本を読んだり美術館に行ったり知的な活動を楽しむ(スノッブにならないようには気をつける)
  • 旅行に行って異文化を楽しむ
  • 何歳になっても新しいことに挑戦する

今の自分には難しいと感じる事もあるけど、今はこれらは実現したいというワクワク感であふれています。

とはいえ、やってみて、自分にとって本当に楽しくなかったら、潔く方向転換することもありだとも思っていたりします。

そして、「本当に楽しいこと」というのは、この本ではこんな風に書かれていました。

お風呂のなかでワインを何杯も飲み過ぎたりするのは、ただ自分をだらしなく甘やかしているだけだ。
楽しいことをするときに肝心なのは、心から楽しい気分でいられること。
本当に楽しいことをしていれば、罪悪感を感じたり、気分が悪くなったり、不健康な習慣につながったりすることはない。

本当に楽しいことをやっていきたいし、それは自分の心掛け次第で日常生活の中でやっていける!
行動したくなったり、今までの行動を変えたくなったりする本って素晴らしい!読んでよかった一冊です。


「フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣」ジェニファー・L・スコット 神崎朗子(訳)



無料で読書を楽しもう!200万冊以上が読み放題になる方法↓↓↓

Amazon Kindle Unlimitedは、200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用できます。小説・ビジネス書・実用書・コミック・雑誌・洋書など幅広い様々なジャンルの読書体験を楽しめるサービスです。




お金の健康診断

関連記事