貧乏な家の特徴

住宅
スポンサードリンク

作成

友達の家に遊びに行くと、貧乏な家なのか?お金持ちの家なのか?ということは、子供でも肌感覚でわかりますよね。

言葉に出して言わなくとも、なんとなく、この家は貧乏なんだろうなと感じることは、家の状態や様々な特徴から感じ取れるものです。

そこで、貧乏な家の特徴をまとめてみました。

モノが多い

玄関の小物類・廊下に放置されたモノ・テーブルや棚に置かれているモノ・出しっぱなしの雑誌やリモコンや郵便物・貰い物や買ってきたものが入ったビニール袋・統一感のないインテリア類など・・・。とにかくいろいろなものが多いのが、貧乏な家の特徴です。

子供心には、「うゎ~いろいろあるね」「おもちゃがいっぱいで楽しそう」とうらやましく見えたりするのですが、ひとつひとつを見てみると、魅力的なモノがあるわけではなく、量が多いというだけだったりします。

収納場所が決まっていないモノが多いため、出しっぱなしになっていて、それが余計にモノが多くあるように感じさせます。

スッキリとした空間が好きな人にとっては、落ち着かないし、くつろげない空間といえるでしょう。

オープンな雰囲気がある

玄関のかぎが施錠されていなかったり、窓が開けっぱなし、夜になっても占める様子が見られないなど、防犯面を気にしてないかの如く、オープン状態の家があります。

窓だけでなく、扉類が開け放たれていたり、きちんと占めていないというゆるさがある。納戸にモノを詰め込みすぎていて扉がきちんと閉じられないなど、だらしない印象を受ける場所があったりします。

暖房や冷房をかけているときでも扉を閉めていないため、いまいち快適な温度にならなくて、設定温度を見ると電気代がかかる使い方をしていたりすることもありますね。

オープンな雰囲気の家にお客さんとして訪問する場合は、気を使わなくて楽ですが、大丈夫かな?と心配になってしまうことがあります。

取られるお金がないからと防犯面がずさんになっていたり、何かときっちりとしていないと、お金の管理に関しても同様の姿勢があらわれます。浪費が多く貯金がたまりにくい傾向になってしまうでしょう。

また、電気代など、日々の積み重ねとなる出費は、意外と大きな差が出るものです。真冬や真夏であれば、月に数万円の違いとなることもあるでしょう。お金持ちの人は、細かいことにも気を配る余裕があるものです。

においが強い

食べ物・古くなった紙や衣類・カビ臭などが混ざったような強いにおいがすることも貧乏な家の特徴です。

モノが溢れていて、古くなったモノを処分していないため、それらからにおいが発せられます。

掃除も行き届いていなくて、窓を開けて換気をすることがないため、余計に臭いがこもってしまうのです。

でも、においは慣れてしまうので、そこに暮らす人たちには分からなくなってしまのが悲しいところです。

貧乏臭という言葉がありますが、その言葉通り、やはり、貧乏な家は嫌なにおいがすることが多いでしょう。

まとめ

100均で売っているものがたくさんある、プラスチック製品がたくさんある、使っていない健康器具がある、ソファーや椅子がぼろい、テーブルが傷だらけ、床や壁が汚いなど、具体的に細かい点を挙げるときりがありません。

特徴をまとめると「モノが多い」「オープンな雰囲気がある」「においが強い」この3点に集約されるのではないかと思います。

貧乏であっても、人に迷惑をかけていなければよいですが、来客を気持ちよくおもてなししたい時は、要注意です。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 貧乏な家の特徴