貧乏になりやすい人3つの特徴

貧乏になりやすい

作成

登録説明を受けるだけで現金交換可能な1000P貰える
美容・エステのモニター募集【ヴィーナスウォーカー】


人からは好かれるんだけど、どうもお金が貯まらない・・・そんな悩みを抱えていませんか?

性格がよい事とお金を貯められることは別問題です。

人付き合いは上手でも、貧乏になってしまったら幸せな人生とは言えないので、性格や考え方を少し変えてみる必要があるかもしれません。

ということで、貧乏になりやすい人の特徴3つについてご紹介します。

※不要なモノを手放して得したい人は、こちらの記事もどうぞ
早めに手放しておいた方がいいモノ
高価買取が期待できるモノ

貧乏になりやすいのはこんな特徴の人

貧乏になりがちな性格や特徴として次の3つがあげられます。

  • 優しい人
  • 忙しい人
  • おおらかな人

それぞれについて詳しく説明しますね。

優しい人が貧乏になりやすい理由

「優しい人」が貧乏になりやすいのは、ノーと言えずにお金を出してしまう傾向があるからです。

自分が我慢すればいいかと支払いをしてしまったり、かわいそうだなと同情してお金で解決してしまったり・・・

これらは美談となる場合もありますが、トラブルになる可能性もありますし、根本問題の解決を避けてお金に頼っているという見方もあります。

また、時にはきっぱり断る事や冷たく突き放すことが「本当の優しさ」であることもありますよね。

「本当の優しさ」って難しいですが、よく考えてみることや、お金の問題とは切り離して問題解決をするようにしてみることも大切です。

自分が貧乏になって辛い思いをしないように、自分に対しても優しくしてあげましょう。

忙しい人が貧乏になりやすい理由

仕事が忙しい人たち

「忙しい人」が貧乏になりやすいのは、お金の使いどころについて十分に考える時間の確保が難しい傾向があるからです。

じっくりと考えられたらこんなものは買わなかったのに・・・とか、忙しさのストレスでまた衝動買いをしてしまった・・・

仕事が忙しくて高収入でも、浪費が激しいと貧乏になってしまいがちです。

またタイプの人は、忙しさが落ち着いて収入が下がってきた時に、浪費癖をなおせなくて借金をしてしまったりと、極度の貧乏になるリスクも抱えています。

忙しいことや、今はお金に余裕があるという事をお金を使う理由にする事はなるべくやめましょう。

忙しい時に無理して購入の決断をすることは避け、本当に必要なものだけを買うようにすることで、無駄な出費を抑えられて、貧乏を遠ざけられるようになります。

おおらかな人が貧乏になりやすい理由

「おおらかな人」が貧乏になりやすいのは、細かいことを気にしないのでお金を使いすぎてしまう傾向があるからです。

お金持ちの人の中には、1円でも無駄なお金を払いたくないと考える人もいます。

おおらかな性格とは、悪く言えば「大雑把」とか、「無頓着」です。

お金の収支や家計管理においてこれはよくありません。

貧乏になってお金が足りなくなると、自分が困ったり人に迷惑をかけてしまうこともありますので、お金についてだけはきっちりと管理をするように意識することが大切です。

まとめ

貧乏になりやすい人の特徴についてご紹介しました。

性格を変えることは難しいですが、自分の特徴のどんなところが貧乏につながってしまうのかを知る事は生活をよりよくするための第一歩です。

まずは自覚して、どういった行動がお金を使いすぎてしまうことの原因となっているのか気にしてみてはどうでしょうか。

とはいえ、自分の性格の良いところまで変える必要はありませんし、お金がすべてでもありません。

困らない程度に貯金をし、バランスよく幸せな生き方を見つけられるとよいですね。

[PR]自分らしい生き方を実現する無料体験レッスン
理想のライフプランを叶える女性専用マネースクール【SHEmoney】

関連記事