必要なものだけで暮らす!必要なものの見極め方

作成



私は数年前から少しずつ部屋の片づけを行い、 今年に入ってから、youtubeでの発信と共に、本格的に、 不要なモノを手放すミニマリスト生活をはじめました。

なので、最初の頃の動画を見ていただくと分かる通り、 まぁモノは少な目かなぁという程度のところから、徐々に持ち物が減り、 え!それ捨てちゃうの?というモノもあったり、なかったり・・・で、 不要なモノを手放し、必要なモノを見極めてきました。

とはいえ、実はまだまだ、自分にとって本当に必要なモノはよく分かっていません。 「今持っているモノは、全部、自分にとって必要なモノだけです!」 と、きっぱりと言い切れる状態ではなくて、 迷いや悩みもあるし、もやもやするけど持っているモノも色々あります。

でも、自分の所有しているすべてのモノについて くりかえし向き合い、必要か?必要ではないか?と 問いかけ続けてきた経験から、見えてきたこともあります。

そこで今日は、必要なものだけで暮らす為に「必要なモノの見極め方」についてまとめてみました。

必要なモノを見極めるためにやるべきこと

結論から言うと、 必要なモノを見極めるには、 眺めて、考えるだけじゃダメです。 いつまでたってもよく分かりません。

時間をかけて、色々なシチュエーションで使ってみたり、 代用品を使ってみたり、性能が異なる類似品を使ってみたり、使わずに過ごしてみたりして初めて、 自分にとって必要か?必要でないかが見えてきます。

モノによっては、なんとなくあってもなくてもいいかな~と思ったり、 急にひらめいて、これは要らないな!と思い立ったりもします。

さらに、時間がたって、自分の経験値が上がったり、 人から新たな意見を聞いたりすることで状況や考えが変わり、 要らないと思ったけど、やっぱり必要とか、 必要だったけど、やっぱり要らない・・・と、気持ちが変わることもあります。

つまり、所有してみることも、手放してみることも、自分にとっては必要な経験なのです。

必要なものを一旦手放してみることもよし

よく、「モノより経験が大事」といいますが モノを獲得して、所有した瞬間に満足してしまい。 その後はほったらかし・・・というのは、 確かに、あまり大事なことではないように思います。

でも、所有したモノを使う時間を大事にし、 自分がなぜそのモノを所有しているのかについて、 しっかりと考えて、有効活用しているならば、 それも、経験と言えそうだなぁと思うようになりました。

例えば、病気をすると健康のありがたみが分かるのと同じように なくて不便を経験することで、「自分にとってコレは必要」ということが分かるようになります。

だから、必要かどうか疑問に思ったときは、一旦手放してみるというのも一つの方法です。

試しに手放してみた事例

私はテレビを手放すときに、しばらく押入れにしまっておき、 なくても問題ないなと確信して手放した経験があります。

実際に捨てることはしなくても、押し入れの奥に封印するとか、 家電であれば、電池を外してすぐには使えないようにしておくとかすることで モノの必要が分かることもあります。

それから、一度手放したモノについて、 「やっぱり、また欲しい!」と気持ちが変わることもあって それは、悪いことではないと考えています。

必要か必要でないかは変化する

モノを必要としない事だけが、スマートで効率的な訳ではありませんし、気持ちが変わることは、進化や成長。

今の自分にとってコレが必要!というのがはっきりとしていて、 楽しい気持ちでモノを所有し、活用できることが、一番幸せな暮らし方ではないでしょうか。

今私は、わりと、スパスパとモノを手放し、 必要だったり、使った方がいいのに、所有していないモノがあるかもしれません。

歳を重ねることによって、あるとよいモノ、必要になるモノもありますね。 自分の変化とともに、必要なモノを見極めていきたいと思います。


関連記事