洋服の枚数を減らそう!後悔しない方法をご紹介

洋服の断捨離

作成

洋服は毎日組み合わせて着るもので、流行があったり、飽きがきたりします。汚れれば洗濯も必要なため、何種類かもっておく必要があり、枚数が増えがちなアイテムです。

ファッションが好きで、洋服をたくさん持っている人は、洋服専用の部屋があったり、100着以上の服を持っているという人もいます。

普通の人でも数十着の洋服を持っているものなので、適切な数に収めるのは、なかなか難しいものです。「あの服捨てなければよかった」と後悔することも避けたいですよね。

そこで、洋服の数を減らす方法についてご紹介します。

洋服の見直しのポイント

洋服の見直しをする際に必要なのは、季節ごとに分けて着回しコーデなどの着方を考えながら行うことです。

そして、いっきに処分してしまうと、後で気が変わって後悔する元となるので、やめましょう。

・洋服の見直しは季節ごとに行う。
・一気に処分しない。

洋服の見直しの具体的な方法

洋服は、手持ちの数が多いため、全体把握をしようとすると、頭がパンクしてしまいます。

服の見直しをしようと決めたら、まずは、そのシーズンのみをベストな状態にし、季節ごとに1年間をかけて完成させる方法がおすすめです。

なので、まずは、今のシーズンに着られる服を普段使っているクローゼットにすべて収納しましょう。

収納しきれない分は明らかに容量オーバーですので、いっきに処分してもOKです。

クローゼットにぎっしりとつまった服の中から、毎日服を着てみて、着なかった服がいらない服ということになります。

この方法で洋服の見直しをすれば、実際の使用頻度に基づいているので、捨ててしまって後悔をする可能性が低くなります。

注意すべきは、季節の変わり目に着る洋服の扱いです。

春と秋は、年によっては、暑すぎたり、寒すぎたり、季節自体が短かったりします。このため、ちょうどいいアイテムにばらつきがありますので、少し余裕をもって様々なシチュエーションで着られる服を持つようにすると安心です。

コツとしては、重ね着で調整するようにして、中途半端なアイテムは、なるべく持たないようにすると、洋服の枚数を少なく抑えられます。

捨てる決心がつかない洋服はどうすればいい?

悩む女性

捨てる決心がつかない場合は、とりあえず、別の箱や袋によけておきます。今シーズンに着る機会がなければ、なくても困らない服という認識が強まるでしょう。不要な服と理解できれば、処分することの抵抗がなくなります。

なにも、「今すぐ洋服を捨てなければいけないわけではない」と思うと、気持ちが楽になります。

洋服の見直しの判断基準の基本は、「着ない服は所有しない」です。これが実行できると数が減らせるのです。

着ないけれど思い出の服や気に入っている服をどうしても残しておきたいなら、写真を撮っておく方法もあります。デジタルデータにしておけば、物質としての数は減らせますね。

古い服については、捨てる基準を厳しくすると手持ちの数は減らせます。外で着るには古いけれど部屋着として使えるならば、帰宅したらすぐに着替えるなどして、使用頻度を高めて着たおしましょう。

自分としては処分したいけれど、まだ使える服であるならば、リサイクルショップで引き取ってもらうと罪悪感が薄れます。

洋服の買い取りは、ベーシックな高級アイテムでない限り、流行に左右されるため、すぐに買い取り価格が下がります。

しかし、値段がつかなくても引き取ってはくれる業者もあります。

高く買い取ってもらうことは期待せず、まとめて買取を引き受けてくれると考えるくらいが調度よいのかもしれません。

・決心がつかない洋服はしばらく置いておくのもあり
・思い出の洋服は写真に撮ってから捨てる
・捨てるよりリサイクルショップにもっていくほうが罪悪感が少ない

ファッションイメージを決めて洋服の枚数を減らす

カジュアル・エレガント・コンサバ・シンプルなど。ファッションには好みがあるので、手持ちの洋服のテイストは偏ってくるものです。

気分転換のために、いろいろなテイストのアイテムを持っておこうとすると手持ちの洋服がどんどん増えてしまいます。

数を減らすためには、メインのファッションイメージを決めましょう。

イメージに合わない服は着ない・持たない。

これによって、手持ちの洋服のイメージがまとまって、コーディネートがしやすくなります。

減らした服の枚数を維持するためには

シンプルな洋服の女性

これらの方法を実行すると、手持ちの洋服の数をかなり少なくすることができます。

上下数枚ずつあれば、1週間(7日間)の内、毎日違うコーディネートを楽しむことも十分可能です。

手持ちの洋服の数が少ないほど、コーディネートを工夫するようになっておしゃれになるというのもよく言われていることです。

洋服が多くてモヤモヤしている人は、試してみてはいかがでしょうか。

また、生地がへたってきている。ほつれや破れがある。毛玉がついている。シミや黄ばみがある等々、古くなっているものは、捨てる洋服予備軍です。

洋服の見直しをするにあたって、これらの洋服は思い切って、破棄しましょう。どうしても名残惜しいときは、今シーズン着たおして捨てましょう。

洋服を捨てる基準についてはこちらの記事に詳しく書きました。
服を捨てる3つの基準!全部買い替えたほうがいいかも?!

私は、これを心掛けることによって、少ない枚数の服をキープできています。





人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > 洋服の枚数を減らそう!後悔しない方法をご紹介