やめた家事5選!シンプルに暮らす為の効率化「この家事を辞めました」

やめた家事

作成



やらなくてはいけないと思い込んでいたけれど、実は辞めても大丈夫な家事ってあるものです。

ということで、ミニマリスト志向でシンプルに暮らしたい私がやめた家事5つについてご紹介します。

固定観念を捨て、毎日の家事の負担を少しでも軽くするための参考にしてもらえたら嬉しいです。

家事が大変で辛い時は・・・普通の人も家事代行サービスを活用することが当たり前の時代です。詳細はこちらの記事に書いてます。
家事代行が安い!Casy(カジー)の初回限定お試しプラン

キッチンシンクの三角コーナーをやめた

ただでさえ狭いシンクの場所をとる三角コーナー。そこにわざわざ生ごみをためて捨てる事をやめました。

大量に生ごみが出る場合は、調理をしながら野菜の入っていたビニール袋にためたりしますが、基本的に生ごみはあまり出さないようにするので、ちょっとの量であれば他のごみと一緒にゴミ箱に入れています。

我が家の場合はこれで十分です。臭いが気になる場合は、重曹をふりかければ消臭効果があります。

マット類をやめた

キッチン・玄関・浴室前にマットを置くことを辞めました。

玄関マットはほぼインテリア飾りではないでしょうか?キッチンマットはまれに水しぶきが落ちることはありますが、気になるときに床を拭く程度で済んでいます。

浴室から出た後の足ふきマットは、布のマットからまず珪藻土マットにしていましたが、今では浴室内で足の裏を拭く様に変えました。

最初は違和感がありましたが、慣れたら「いつ足を拭くか?」の違いだけです。

雑巾を洗うのをやめた

拭き掃除をして汚れた雑巾を洗うのがとても苦痛でした。

雑菌がついていてすごく汚いですし、触ると手が臭くなります。そのせいで、拭き掃除をすること自体がおっくになってもいました。

なので、雑巾を洗うことをやめ、1回で使い捨てる布を雑巾として使うことにしました。

ちなみに、使い古しのタオルや着なくなった衣類などを全て使い捨て雑巾として二次利用しているので余計なコストはかからず、もったいない罪悪感もありません。

料理の盛り付けをやめた

独りご飯はもっぱら鍋でそのまま食べています。

盛り付けをして目で見る事においても料理を楽しみたい時もありますが、お皿によそらなくては食べられない訳ではありません。

お皿を使わなければ、よそう手間が省けて洗い物も減らせます。

といっても、「いかにも鍋」という見た目ではテンションが下がるので、器にしても悪くないデザインのオシャレな鍋(野田琺瑯のココナベ)を愛用しています。

片づけるのをやめた

作業とちゅだから広げたままにしておきたいモノってありますよね。

または、大きな荷物が届いて、今すぐ開封はできないけどちょっと置いておきたいとか・・・

そういったものを片づけなくてもおいておけるように、押し入れの一角に余白スペースを作っています。

いざとなったら、片づけずにそのまま、余白スペースにおいておけばいい。

空間の余白が、片づけなくてもいいという心の余裕になりました。

※片づけられないときの解決策にはこんな方法もあります。
片づけられない捨てられない。物が多い捨てたくない。そんな時の解決策

関連記事