※当サイトはアフィリエイト広告を利用しております

【正しいウォーキング】正しいウォーキング方法5つのポイント!どうせ歩くならダイエットや健康維持

作成

>> ★更新中★最新!無料で貰えるキャンペーン一覧 <<



ウォーキングは手軽で効果的なダイエット方法および健康維持法の一つです。

しかし、正しい方法で行わないと、思ったような効果が得られないばかりか、体に負担をかけることもあります。

そこで、ウォーキングの際に意識すべき5つのポイントを具体的な例を交えてご紹介します。


>> 破れていてもOK!どんな洋服でも1袋1000円で出張買取【七福(しちふく)】 <<


正しい姿勢を保つ

ウォーキング中の姿勢は非常に重要です。正しい姿勢を保つことで、筋肉の使い方が効率的になり、エネルギー消費が増えます。

具体的なやり方とポイントは以下の通りです

背筋を伸ばす
頭から足まで一直線になるように意識します。肩が前に丸まらないように注意します。

あごを引く
顎を引いて、視線をまっすぐ前に向けます。これにより、首や肩の負担が軽減されます。

肩のリラックス
肩は力を抜いてリラックスさせます。肩が上がってしまうと、首や肩の筋肉に余計な負担がかかります。

歩幅を意識する

適切な歩幅を保つことも、効果的なウォーキングのポイントです。歩幅が狭すぎると運動効果が低くなり、広すぎると筋肉や関節に負担がかかります。

具体的なやり方とポイントは以下の通りです。

自然な歩幅
自分の身長に合った自然な歩幅で歩きます。一般的には、身長の45~50%が目安と言われています。

後ろ脚をしっかり伸ばす
後ろ脚をしっかり伸ばして地面を蹴ることで、下半身の筋肉を効率的に使えます。

腕をしっかり振る

腕を振ることで上半身の筋肉も活用し、全身の運動量が増えます。また、バランスを保つのにも役立ちます。

具体的なやり方とポイントは以下の通りです。

肘を90度に曲げる
肘を直角に曲げ、前後にしっかりと振ります。手のひらは軽く握るか、自然に開いてください。

肩から動かす
腕を振るときは、肩から動かすように意識します。これにより、肩甲骨周りの筋肉も動かすことができます。

足の運びを意識する

足の運び方にも注意が必要です。正しい足の使い方をすることで、膝や足首への負担を軽減し、怪我のリスクを減らせます。

具体的なやり方とポイントは以下の通りです。

かかとから着地
足を前に出すときは、まずかかとから着地し、次に足裏全体、そしてつま先へと体重を移していきます。

足の外側を使う
足の内側ばかりに体重をかけると、膝や足首に負担がかかるため、足の外側も意識して使います。

呼吸を整える

ウォーキング中の呼吸も重要です。深く、リズミカルな呼吸を心がけることで、酸素を効率的に取り入れ、持久力を高めます。

具体的なやり方とポイントは以下の通りです。

腹式呼吸
お腹を膨らませるように深く吸い、口または鼻からゆっくり吐き出します。これを意識することで、リラックス効果も得られます。

リズムをつける
歩くリズムに合わせて、2歩ごとに吸って、次の2歩で吐くなど、一定のリズムで呼吸します。

まとめ

ウォーキングは特別な道具や場所を必要とせず、誰でも手軽に始められる運動です。

正しい方法を意識して行うことで、ダイエット効果や健康維持の効果を最大限に引き出すことができます。

普段の生活にウォーキングを取り入れ、健康な体を手に入れましょう。





関連記事