※当サイトはアフィリエイト広告を利用しております

「獣の戯れ」三島由紀夫

作成



獣が戯れるようにただ本能のままに生きられたらいいのに、人間はそうはいかない。そんな事が思い浮かびました。

生き方の正解とは?

しつこいほど繰り返される、幸二の頭にこびりついて離れない「自分は悔悟した人間だ」という観念が、ねっとりとまとわりついて苦しかったです。

「そうではない」と自覚している時こそ、こんな風に事あるごとにある思いがよみがえってきて、分かっているのに体はそうは動いてくれない時ってあります。

生き方の正解って何なのでしょうか。

愛の強さはよい事か?愛するものを救う事は正義か?また、一般的に罪とされる行為であっても誰にも知られていない場合や、行政的な罪からはたまたま逃れられている場合もあります。

けれども、自分の行った事は罪かも知れないという観念に憑かれた人間は、その途方もない重さを背負わざるを得ない事は確かでしょう。

きっかけはひょんなところに

運命を左右するようなキーポイントとなる物事は、ひょんなところに、ひょんな時に現れたりします。幸二の場合は、病院で拾ったスパナがそうでした。

何か云いようのない物質が仮にスパナに化けていたのにちがいない。本来けっしてここにあるべきではなかった物質、 この世の秩序の外にあって時折その秩序を根底からくつがえすために突然顕在する物質、純粋なうちにも純粋な物質、・・・ そういうものがきっとスパナに化けていたのだ。

何かの批評文でも取り上げられていたように記憶していますが、この表現はすごい。考えすぎとか演出しすぎとも言えそうですが、スパナ一つをここまで特別なものとして意味づける様がとても奥深いです。

思い浮かんだ風景

小説を読むとそこに書かれている情景が頭の中に思い浮かぶものですが、この作品においては、ラストの方の幸二と優子が手をつないで坂から降りてくるシーンが私にとってのそれでした。

朝の光がほんのりとさし始めた幻想的な頃合いで、幸福さが感じられるけれど異様さも同居していて、子供とか愛の様な純粋もある風景です。

そこには、幸せでもあるのだけれど、不幸のどん底のようなおぞましさがあります。

人間は獣にはなれなくて、幸せとはそういうものかもしれません。


「獣の戯れ」三島由紀夫



無料で読書を楽しもう!200万冊以上が読み放題になる方法↓↓↓

Amazon Kindle Unlimitedは、200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用できます。小説・ビジネス書・実用書・コミック・雑誌・洋書など幅広い様々なジャンルの読書体験を楽しめるサービスです。

amazonプライム

Amazonプライムは、月額500円で翌日配送料が無料になるなど様々な恩恵を受けられるサービスです。初月30日間は無料体験できます

【Amazonプライムの特典内容】
  • Amazon配送料が無料で最短翌日にお届け
  • 映画やドラマなどの動画見放題「Amazonプライム・ビデオ」が無料
  • 200万曲の音楽が聴き放題「Amazonプライム・ミュージック」が無料
  • 電子書籍が読み放題「Amazonプライム・リーディング」が無料
  • ゲーム特典「Twitch Prime」が無料
  • 無制限ストレージ「Amazon Photos」が無料
  • 会員限定セールに参加できたり、タイムセールに先行参加したりできる
Amazonプライムの30日間無料お試しはこちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓
お金の健康診断




関連記事