※当サイトはアフィリエイト広告を利用しております

【ほうれい線】ほうれい線を消すメイク術3つの方法!自然な仕上がりでほうれい線を消すには

作成

>> ★更新中★最新!無料で貰えるキャンペーン一覧 <<



年齢を重ねるとともに気になり始めるほうれい線。

この線は顔の表情を老けて見せる原因のひとつですが、メイクの力を使えば効果的にカバーすることができます。

そこで、ほうれい線を目立たなくするためのメイク術を3つご紹介します。


>> 破れていてもOK!どんな洋服でも1袋1000円で出張買取【七福(しちふく)】 <<


コンシーラーで自然にカバー

まず最初に紹介するのは、コンシーラーを使ったカバー方法です。

ほうれい線を目立たなくするためには、ただ単にコンシーラーを塗るだけでなく、その塗り方や色選びが重要です。

明るすぎるコンシーラーを使うと逆にほうれい線が浮き出てしまうため、自分の肌トーンに合った色を選びましょう。

コンシーラーは、ほうれい線に沿って薄く塗り、指やブラシでトントンと軽く叩き込むようにぼかしていきます。

特に、ほうれい線の溝部分には少し多めにコンシーラーを塗ると効果的です。

このとき、ファンデーションの上からコンシーラーを重ねることで、より自然な仕上がりになります。

また、パウダーを軽く重ねることでコンシーラーの持ちを良くし、メイク崩れを防ぐことができます。

ハイライトで立体感を演出

次に、ハイライトを使ったテクニックについて説明します。

ハイライトを使うことで、顔に立体感を出し、ほうれい線を目立たなくすることができます。

まず、ほうれい線の上にハイライトを軽くのせますが、このとき量は少なめにして自然な光沢感を出すことがポイントです。

ハイライトをほうれい線の外側、つまり頬の高い部分に沿って入れることで、光を集めてほうれい線を目立たなくする効果があります。

また、鼻筋や顎の先端にもハイライトを入れることで、顔全体に統一感を持たせ、バランスの良い立体感を演出することができます。

さらに、クリームタイプのハイライトを使うと、肌に自然に馴染み、ツヤ感がアップするためおすすめです。

最後に、ハイライトを入れた部分を指やスポンジで軽くなじませることで、自然な仕上がりになります。

チークブラッシュで顔色を良く見せる

最後に紹介するのは、チークブラッシュを使った方法です。

ブラッシュを上手に使うことで、ほうれい線から視線をそらし、顔色を良く見せることができます。

まず、頬の高い位置にブラッシュを入れ、頬骨に沿って外側に向かってぼかします。

重要なのは、ほうれい線の近くにはあまり色をのせず、頬の高い部分を中心にカラーを置くことです。

これにより、顔の中央から外側へと視線が流れ、ほうれい線が目立ちにくくなります。

また、ブラッシュの色選びも大切で、自然な血色感を出すピーチ系やローズ系の色を選ぶと良いでしょう。

さらに、クリームタイプのブラッシュを使うことで、肌に自然なツヤ感と立体感を与えることができます。

最後に、ブラッシュを入れた部分を指やスポンジで軽くなじませることで、自然な仕上がりを目指します。

まとめ

ほうれい線を目立たなくするためのメイク術は、コンシーラー、ハイライト、ブラッシュの3つのテクニックをうまく組み合わせることがポイントです。

まずは、自分の肌トーンに合ったコンシーラーでほうれい線をカバーし、ハイライトで顔に立体感を出しながらほうれい線を目立たなくし、最後にブラッシュで顔色を良く見せることで、ほうれい線から視線をそらすことができます。

これらのテクニックを活用することで、自然で若々しい印象を保つことができるでしょう。

日々のメイクに少しの工夫を加えるだけで、大きな効果が得られるので、ぜひ試してみてください。





関連記事