【お金をかけない暮らし】お金をかけない事3選!ミニマリスト貯金・節約

作成



貯金したいならば、なるべくお金をかけない生活をすることがポイントとなりますが、 暮らしのすべてにおいてお金をかけないようにすると息が詰まってしまいますし、何のために生きているのか分からなくなってしまいます。

なので、お金をかけるところとかけないところのメリハリをつける事が大切ですよね。

とはいえ人によって、お金のかけどころは様々です。

それで、私は、生活全般においてあまりお金をかけることが好きではないほうなので、 ケチな部類に入ると、自分では思っていますが 自分なりに、お金をかけたくない理由はありまして・・・

これって、出費を減らしたくてお金をかけないところを探している人には参考になるのではと思い、 私がお金をかけない事3つについてご紹介してみたいと思います。


お金をかけない事1:雰囲気代

それではさっそく、私がお金をかけない事一つ目は「雰囲気代」です。

具体的には、雰囲気のいいレストランとか、こじゃれた雑貨とかにお金を使うことはもったいないなぁと感じてしまいます。

といっても、記念日などにいい感じのお店で食事をすることはありますし、そういう時間ってとても大切だと思います。

でも、ただ単に最近風のおしゃれなお店ですというだけだと、私はあまり価値を感じないんです。

これは完全に好みの問題ですが、ただの雰囲気代ではなく、 食べてみたかった食材や調理方法などが重要で、雰囲気はそれらと調和をとる程度の役割でよいかなと。

また、夜景が見えますとか、内装が凝った作りのお店は、当然ですがその分割高ですよね。

雰囲気を楽しみたければ、景色のいい無料スポットとか、 人が少なくて落ち着ける穴場のお店を探すという方法もありますので、 雰囲気代だからと高くてもしょうがないよねと、すぐに納得してしまうことはないようにしています。

お金をかけない事2:スキンケア代

そして、私がお金をかけない事2つ目は「スキンケア代」です。

肌がきれいであることは見た目を大きく左右しますし、メイクするよりはスキンケアで自然な美しさを目指す方がよいとも思います。

身だしなみの意味でも、お肌の手入れをしっかりとすることの大切さはもちろんその通りだと思い、私も日々できるケアをしています。

ですが、高いお金をかけることについては少々疑問に感じている・・・というのが私の考え方です。

なので、肌を保湿しバリアをはって守ることは必要だと思うので、ワセリンをこまめに塗る方法を、基本のスキンケアとしていまして、 それ以外に、高級な保湿成分のはいった美容液などは使っていません。

多分、そういうところにお金を使えば もっと肌がもちっとしたり、ツヤツヤしたりするんだろうな・・・とは思いますし、 エステでそういったアイテムを使って、施術してもらった後、 自分の肌の感じが違ったので、そういった効果があるだろうことも分かります。

でも、使い続けるのが大変ですし、基本的に肌に何かを塗った状態があまり好きではないんです。

それから、「皮膚から吸収できる成分はわずか。そうでないと、 海に入った時などに色々な成分を身体に取り込んでしまったりしたら体の機能としてよくないのでは?」 という話をどこかで聞いた記憶がありまして、 美容成分が肌から浸透していくイメージがピンと来ないんです。

歳を重ねて今後、肌のカサカサがもっと気になるようになったら、色々試してみたくなるかもしれませんが 今のところは、シンプルで安上がりなスキンケア方法を続けて行ければと思っています。

お金をかけない事3:必要なものにかけるお金

そして、私がお金をかけない事3つ目は「必要なものにかけるお金」です。

必要なものこそ、ケチらずにいいものを買って、長く使った方がいいんじゃないの?と、私もそう思っていましたが、 最近、考えが変わってきました。

「必要なものはなるべく安いモノを買う。そして、どうしても欲しいモノにはバーンとお金を使う。」 こっちの考え方がしっくりくると思うようになりました。

つまり、必要なものは、自分にとって必要な機能とか最低限の基準とかをクリアしているものの中で一番やすいものを選ぶ。 激安の一番安いものを選ぶってことではないところがミソです。

必要なものって、使う予定があるものですから、それにあったモノを、過不足なくしっかり選んで、賢く最安値を探して買えばいい。

一方で、持っていなくてもいいモノだけど、気に入ってしまってどうしても欲しいなぁなんてモノに出会ったら、 衝動買いの無駄遣いにならないようによく考えた上で、やっぱり欲しいと確信したら、そこは思い切って買うと、 「私って好きな事にちゃんとお金を使えている」という実感が湧いて、満足度もとても高いように思います。


関連記事