【健康食3選】カロリーを抑えて栄養豊富!健康に取り入れたい食事メニュー

食事

作成

ミニマリストに憧れたり、終活で無駄なモノを手放したりすると、「食べすぎている食事の無駄や健康」に興味がわく人も多いです。

私もその一人でして、ストックしている食材の見直しから、必要な栄養素やカロリーについて勉強し、ダイエットと健康を考えた食事メニューを心掛けるようになりました。

40代以上の中高年になると、代謝が落ち、1日に必要なカロリー量はぐっと下がります。

適切な食事内容は体型や活動量によって違いますが、ひとつの目安となるのが、300kcal前後の食事です。

そこで、私が好んで食べている物を含め、これを意識したおすすめの食事をご紹介します。

玄米・発芽玄米

玄米のお茶碗1杯あたりのカロリーは250kcal位で、白米と同じくらいです。白米よりもほんの少しカロリー低めかな・・・ですが、含まれる糖質の量は約半分。

また、食物繊維は白米の約6倍でマグネシウムは約5倍で、ビタミンEは約12倍含まれています。

玄米と一緒に食べるおかずの量を減らせる為、栄養バランスの面から見ておすすめです。

それから、玄米は浸水時間が必要で、炊くのが面倒…という人もいるかと思いますが、白米と同じ要領で炊ける「発芽玄米」がありますので、私は発芽玄米をよく食べています。



お試しセットならこちらもおすすめ!

さつまいも

さつまいもは、食物繊維・糖質・ビタミンC・ベータカロテンなどが豊富で、1年中入手しやすく、日持ちもきくので、主食に準じる食べ物と言えます。

さつまいも1本のカロリーの目安が300kcal位です。

少なめの食事や間食として食べるのにも丁度良いです。

たくさん常備しておきたいところですが、スーパーで購入すると持って帰るのが重たいので、ネットで箱買いするのがおすすめです。

オートミール

オートミールはそのままでも食べられますし、煮たり、ヨーグルトと和えたり、簡単調理で食べられます。

お米のように炊飯器で炊く必要はないので、一人分の少量だけ用意しやすく、調理が面倒という時にも便利です。

食物繊維が豊富で低カロリーながら栄養価も高いので、ダイエットとして白米に置き換えて食べる人もいます。



関連記事

トップ > 【健康食3選】カロリーを抑えて栄養豊富!健康に取り入れたい食事メニュー