渋谷代官山Rプロジェクト2018年秋オープン予定!テナントなど最新情報

スポンサードリンク

作成

2018年秋に、東横線地下化によって新たにできたトンネル上部の旧線路跡地に複合施設ができる「渋谷代官山Rプロジェクト」が動いています。

テナントも入るの?ホテルじゃないの?保育園ができるの?

など、現時点で分かっている最新情報を徹底解説いたします。

渋谷代官山Rプロジェクトとは?

渋谷代官山RB棟外観
渋谷代官山Rプロジェクトの名称の「R」には、鉄道(Rail- Road)・再生(Reborn)・継ぐ(Relay)という3つの意味と元の線路の形状が急カーブの場所であったことから、半径(Radius)という裏の意味もあります。

施設概要

渋谷代官山R施設概要
渋谷代官山Rプロジェクトは、かつて地上にあった東横線の線路跡地の活用だけでなく、情報感度の高い人たちが集まる渋谷から代官山に渡るエリアをより活性化させることと、インバウンドや観光客の受け入れ先として期待されています。

施設概要はA棟とB棟の2つからなる複合施設で、A棟には、保育園・B棟にはホテル・オフィス・テナントが入る予定となっています。

どんなホテルが入るの?

マスタードホテル渋谷イメージ
渋谷代官山RプロジェクトのB棟に入るホテルは、「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」で、ベーカリーカフェ「GARDEN HOUSE CRAFTS」を運営している株式会社THINK GREEN PRODUCEによる新業態のホテル「MUSTARD HOTEL SHIBUYA(マスタードホテル渋谷)」です。

渋谷代官山Rプロジェクトのオープンに先駆けて、2018年4月1日より、10月1日以降の予約受付が開始されています。

ホテルの客室は、ドミトリーから個室までさまざまなタイプが用意されており、1階には、宿泊者だけでなく、近隣の住民やビジネスマンなどの一般客も利用できるカフェラウンジが設置される予定です。宿泊するためだけではなく、街を楽しむ場ということがコンセプトとなっています。

ホテル概要は以下の通り

部屋数ツイン・ダブル64室・デラックス2室・ドミトリー6室・ファミリー3室・アクセシブル1室(合計76室)
料飲施設 レストラン:1、バー:1
客室基本設備テレビ・湯沸かしポット・冷蔵庫・ドライヤー
※客室の使用により異なる。
貸出品ズボンプレッサー・電気スタンド・アイロン・加湿器・車椅子
イン・アウトチェックイン14:00・チェックアウト11:00

保育園はどういった内容なの?

渋谷代官山R保育園イメージ
渋谷代官山RプロジェクトA棟に入る保育園は、社会福祉法人東香会が運営する保育所型認定こども園「渋谷しぜんの国こども園(仮称)」で、2018年10月1日が開園予定日となっています。

渋谷区には2017年4月現在で266人の待機児童がいて、保育施設整備の重点地域となっていることから、地域のニーズにこたえるために新設されます。

受け入れ人数は、0歳から5歳の定員114名を予定しており、ホテル宿泊者との国際交流や地域の人と一緒に楽しめるイベント等も予定されています。

テナントは?

渋谷代官山RプロジェクトのB棟に入るテナントには、オフィスと店舗の両方がありますが、現時点での正式は発表はまだされていないようです。

不動産のテナント募集ページでは空室なしとなっていましたので、

場所はどこにあるの?アクセスは?

住所東京都渋谷区東一丁目10-2他
アクセスJR渋谷駅から徒歩約7分・東急東横線代官山駅から徒歩約7分

開発状況・評判

渋谷代官山Rプロジェクトの開発状況や期待を寄せる声などの評判をあつめてみました。

まとめ

渋谷周辺がどんどん開発されていて、町が生まれ変わる様子が楽しみですね。

渋谷には、すでにたくさんの商業施設があるので、新しい価値観を提供してくれるのではと期待が高まります。

また、渋谷から代官山への人の動きにも、新たな変化があるかもしれません。

出店テナントなどはこれから決まっていくので、動向に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 渋谷代官山Rプロジェクト2018年秋オープン予定!テナントなど最新情報