日本橋高島屋S.Cテナント店舗等最新情報!2018年9月オープン予定

スポンサードリンク

作成

日本橋高島屋SCオープン予想図
日本橋高島屋が、日本橋高島屋S.C(ショッピングセンター)として、2018年9月に誕生予定です。

2017年10月10日のニュースリリースにて、髙島屋日本橋店に隣接する専門店エリアの新設・増床予定が発表されてから、開発が着々と進んでいます。(2017/10/10高島屋ニュースリリース「2018年秋『日本橋髙島屋S.C.』誕生」

高島屋の悲願だったという日本橋に大きなショッピングセンターを作るという願いがもうすぐ実現する訳ですが、どのような施設になるのか?どんなテナントが入るのか?等について、現在わかる限りの最新情報を徹底的にまとめました。

日本橋高島屋S.Cの構成と施設概要

日本橋高島屋SC構成
日本橋高島屋S.Cは、日本初の重要文化財でありシンボル的な「本館(日本橋髙島屋)」と「東館」「新館」および、中央通りを挟んで斜め向かいに位置する2015年に開業した「ウオッチメゾン」の4館構成となっています。

施設概要は以下の通りです。

【日本橋高島屋S.C施設概要】
用途>/th>階数売場面積
本館百貨店・専門店地下2階~8階約46,000m2
新館専門店地下1階~7階約17,000m2
東館百貨店・専門店地上4階、5階約2,000m2
ウオッチメゾン時計専門店地上1階、2階約800m2

日本橋高島屋S.C全体の売り場面積合計は65,800m2となり、本館だけだった従来に比べると約1.4倍となります。

オープンスケジュール

2015年に「ウオッチメゾン」が開業し、2018年3月14日に東館の「ポケモンセンタートウキョウDX(ディーエックス)&ポケモンカフェ」がオープンしました。

残る新館については、2018年9月の開業予定です。

コンセプトは?

日本橋高島屋S.C全体のコンセプトは、「『美しい暮らしスタイル』を発信する店」で、髙島屋が長きにわたり大切にしてきた「暮らしの提案」を、時代性を加味しながら更に磨き上げて発信して、人々の暮らしに潤いと彩りを添えることが目的とされています。

また、新しくできる新館については、「『日本橋生活者』のための場の提供」という個別のコンセプトがあります。
日本橋を生活の拠点とする人たちが、職場でも家でもない居心地のよいスペースとして思い思いの時間を過ごせる場所を提供したいと考えているとのことです。

施設の整備内容

日本橋高島屋S.Cのオープンは、新しいテナント店舗の出店だけでなく、便利で過ごしやすい場所となる為の施設の整備も予定されています。主な内容は以下です。

  • 日本橋ガレリア(仮称)の設置
  • 歩行者ネットワークの整備
  • 屋上庭園の整備
  • 駐車場の整備と車寄せの設置

それぞれについて説明すると

日本橋ガレリア(仮称)の設置

日本橋ガレリア
本館と新館の間にある区道284号線が、都市計画によって歩行者専用道路となります。

道路の上には屋根がデザイン設置され「ガレリア」がつくられます。

ガレリアとは、イタリア語で、屋根のある商店街や歩行者用道路をさし、ミラノのスカラ座と大聖堂間のガレリアが有名です。

日本橋ガレリアも、東京日本橋の象徴となるような道路になるかもしれませんね。

歩行者ネットワークの整備

東京メトロ銀座線のコンコース拡幅のために地下広場を設けられます。

また、新館と本館の間の地下空間に、新たな地下区道が設置され、銀座線コンコースから東館の地下を経由して都営日本橋駐車場につながる地下歩行者ネットワークが整備されます。

さらに、本館の地下鉄入口が移設されて、高齢者などにも優しいユニバーサルデザインの玄関に生まれ変わるとのこと。

アクセスのしやすさや日本橋高島屋S.C内の移動のしやすさは、快適な時間を過ごすためにも重要なことなので、利便性が高まることが期待されますね。

屋上庭園の整備

日本橋グリーンテラス
「日本橋グリーンテラス」という名称の屋上庭園の整備がされます。

この屋上庭園は、日本橋高島屋S.Cへ買物に来たお客様だけでなく、ビル内のオフィスワーカーや周辺住民の憩いの場として利用してもらえるようなオープンスペースとなることが考えられていて、様々なイベントも実施される予定です。

駐車場の整備と車寄せの設置

新館と東館の地下に利便性の高い駐車場がつくられます。また、本館東側地上部分に車寄せもできるので、VIP車輌のお出迎えや、タクシー乗降なども可能となります。

周辺道路の混雑の緩和にもなり、様々な人が来場しやすくなるので、利便性は高まりますね。

出店テナント店舗

2018年5月現在、営業しているのは本館(屋上を除く)・東館・ウオッチメゾンのフロアおよび店舗です。

本館(日本橋高島屋)

8F:特別食堂、レストラン街、催会場、家具・商品券

7F:リビング用品、呉服・ギフト

6F:紳士服、紳士雑貨、美術画廊、宝飾品

5F:こども服・玩具、文房具・メガネ、スポーツ用品・旅行用品

4F:婦人服、タカシマヤカードカウンター・友の会

3F:婦人服

2F:特選衣料雑貨

1F:婦人雑貨・化粧品

B1F:食料品、地下鉄口

B2F:レストラン街

※本館の屋上には、2019年春に、「日本橋グリーンテラス」という名称の休憩コーナーができる予定で、現在開発中です。
本館屋上と新館・東館の基壇部屋上を合わせると、総面積は約6,000m2となり、都内最大級の屋上庭園となる予定です。

東館

5F:ポケモンセンタートウキョーDX & ポケモンカフェ

4F:外商お得意様サロン メンバーズサロン

ウオッチメゾン

1F・2F:時計・時計修理

新館

新館に出店するテナントについては2018年の6月以降になるだろうという情報があり、現在開発中です。

分かっている限りの情報としては、6階と7階がレストランフロアとなり、地下1階が総菜などの食品売り場、1階の一部分にも食品テナントの出店が予定されているとのこと。

「食」を全面に打ち出す「食の館」となる様なので、日本の食を世界に向けて発信するような場所になるのかもしれません。

テナントの誘致に関しては、従来からの50代以上のシニア層だけでなく、20歳~40歳代の人に楽しんでもらえるようにしたいとう考えのもとに進められているとのことなので、幅広い世代が足を運びたくなる場所になりそうです。楽しみですね!

アクセス情報

所在地 本館:東京都中央区日本橋2-4-1
タカシマヤ ウオッチメゾン:東京都中央区日本橋3-1-8
東館:東京都中央区日本橋2-11-2
新館:東京都中央区日本橋2-11-1
アクセス JR線「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口より徒歩すぐ
都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分
※ウオッチメゾンへは、東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」B3・B1出口より徒歩すぐ

まとめ

都市型ショッピングセンターとして新たに生まれ変わる日本橋高島屋S.C。

駐車場の新設などでアクセスの良さや周辺道路環境の改善も期待されますが、従来のファッション中心のショッピングセンターではなく、食をテーマとした新館のテナントが楽しみですね。

東京駅周辺には、2018年にミッドタウン日比谷もできたばかりです。2020年へ向けて、日本橋界隈の変貌はかなり注目されているので、日本橋高島屋S.Cのオープンがどのようになるのかは、今後も追加情報を追っていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 日本橋高島屋S.Cテナント店舗等最新情報!2018年9月オープン予定