箱根本箱BY自遊人のブックホテルが2018年夏にオープン予定

スポンサードリンク

作成

箱根本箱(はこねほんばこ)という、気になるネーミングのホテルが2018年夏に箱根町強羅にオープンするとのこと。

早速、内容について徹底調査してみました。

箱根本箱の概要

箱根本箱
「箱根本箱」コンシェルジュチームが運営する「箱根辞典」サイトより引用

箱根本箱は、「本に囲まれて、『暮らす』ように滞在。」とテーマとしたブックホテルで、国内外から2万冊におよぶ良書が集められるそうです。

本好きにはたまらない空間となりそうですね!

プロデュース(総合監修・企画)は、「株式会社自遊人」。

設計は、2014年度グッドデザイン賞を受賞した「里山十帖」も手掛けた「海法圭建築設計事務所」。

BOOKディレクションは、日本出版販売による新ブランドの「YOURS BOOK STORE」が行います。

【概要】
構造鉄筋コンクリート造
延床面積1980.61m2
建築年月1996年4月25日
客室数全19室(スイート1室、洋室18室)

交通アクセス

住所神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
アクセス箱根登山鉄道ケーブルカー中強羅駅から徒歩4分

日本出版販売株式会社保有の「箱根保養所あしかり」の全面リノベーションとして竣工予定です。

施設内容

箱根本箱は、ブックホテルだけでなく、宿泊者以外も気軽に立ち寄れる複合施設となり、「ブックストア」 「温泉」 「レストラン&カフェ」 「ショップ」 「コワーキングスペース」が併設される予定です。

内容は以下の通り

ブックストア

新刊と古書・洋書あわせて約2万冊を取りあつかう箱根で最大規模の書店で、おしゃれな「デザイン」「アート」「食」を中心としたラインナップが予定されています。

温泉

宿泊者だけでなく、日帰り温泉サービスを予定。無色透明の美肌の湯(強羅温泉)と、白濁した硫黄泉(大涌谷温泉)の2つの温泉が楽しめます。

レストラン&カフェ

ヴィーガンやベジタリアンに対応した野菜中心のメニューが予定されており、自然派ワインや自家焙煎のコーヒー・オーガニック柑橘ジュース・自家製スイーツ等々。

ショップ

生活に彩りを添える本だけでなく、心地いい生活を約束してくれる様々なグッズや家具を販売予定

コアワーキングスペース

Wi-Fi完備、年間パスの購入で温泉&ドリンク無料で施設が利用できるようになるサービスを予定

評判はどんな感じ?

箱根本箱に関する評判の声をまとめてみました。

好意的な声ばかりで、「行ってみたい!」「ステキ!」とオープンを楽しみにしている声がたくさんに見つかりました。

都内近郊からほどよい距離にある箱根というロケーションがいいですよね。

読書は、基本的に一人で楽しむものです。おひとり様のニーズに合わせたサービスも増えてきているので、一人でふらっと出かけられる場所になったらいいなぁと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 箱根本箱BY自遊人のブックホテルが2018年夏にオープン予定