クーラーと扇風機の節約術!快適に健康に過ごす方法

エアコンのない夏
スポンサードリンク

作成

クーラーや扇風機をたくさん使用する夏場は、電気代が気になるところですね。

最近は、「クーラーはつけっぱなしにしておいた方が電気代が安くなる説」が注目を浴びていますが、体を冷やしすぎるとだるくなるので注意が必要です。

そこで、暑さから逃れて、健康に気をつけつつも、電気代は節約するための方法についてまとめました。

暑くなる前にクーラーをつける

クーラーをつける時間をなるべく短くしようとして、できるだけ我慢をして暑さに耐えられなくなったらクーラーをつけるようにしていませんか?

これだと、室温を冷やすためにパワー(電気代)が必要となってしまいます。

クーラーは、冷やすまでの電力が一番大きく、一度冷やしてしまったらそれを維持するのは思っているほど電気代がかかりません。

これが、「クーラーをつけっぱなしにすると電気代が安くなる」の根本的な考え方です。

これを応用すると、暑いさなかの短時間だけクーラーをつけるより、午前中の涼しい時間帯からクーラーをつけるほうが、電気代が安くなることがあります。

扇風機で外気を取り入れてからクーラーを

家に帰ってきたときに、室温が上がって空気がよどんでいることはありませんか?

そんな時って、すぐにクーラーをつけても、なかなか快適な状態にならないですよね。

まずは、窓を開けて、反対側の窓を開けるか換気扇をつけるかして外気の通り道を作りましょう。

扇風機を窓の外に向けてかけられるとさらによいです。

締めきった室内よりも外気のほうが涼しいことは結構あるので、ちまちまとクーラーをかけるよりも、風の流れを作って、いっきに空気の入れ替えをすると、室温を下げることができるのです。

落ち着いたら、窓を閉めてクーラーをつけましょう。

手間はかかりますが、人力と工夫で頑張った分、クーラーの力だけに頼るよりも、電気代の節約ができます。

汗をかける体を維持する

時々ウォーキングをしたり、夏でも湯船につかったりして、汗をかく機会を持つようにしましょう。

クーラーで冷えた室内ばかりにいると、汗をかきづらくなり体の中に熱がこもりやすくなります。

外の気温との差が激しくなると、ダメージも受けやすくなるので、すぐに熱中症になったり、体温調節がうまくできなくて暑さに弱い体質になってしまいます。

暑さに強くなると、夏日ではない日はクーラーをつけなくても過ごせたりして、長い目で見ると電気代の節約にもつながります。

室温は下がってきたけど体が熱い

クーラーをつけてある程度時間がたつと、室内の空気は下がりますが、体はまだ熱を持っていて暑いことがあります。

そんな時は、体の表面と体の中も冷やすと、一気に涼しくなります。

まず、体の表面としては、冷えピタなどの冷却グッズをつかったり、保冷剤をハンカチなどに包んで体に当てたりすることで体温を下げられます。

特に、わきの下や首の後ろなどの太い血管がある部分を冷やすと、冷えた血液が体中に巡りやすいので、効率的です。

体の中から冷やすためには、冷たいものを食べることです。水分補給も兼ねてよく冷えた飲み物を飲んだり、アイスなどを食べると、ひんやりしますよね。ただし、冷たいものを食べすぎるとお腹を壊すことがあるので気をつけましょう。

体が冷えていると、室温をそれほど下げなくてもよくなりますので、クーラーの設定温度を下げずに済すむなど、電気代の節約につながるでしょう。

まとめ

暑さを我慢するだけがクーラーの節約ではありません。無理をすると、体調を崩したり、重症な熱中症になったりしては、命の危険がある深刻な問題になってしまいます。

暑さに強い身体作りは、健康を維持できる範囲で徐々に行い、上手にクーラーを使うことで、厳しい暑さから体を守りましょう。

快適に過ごすことは、体が無理のない状態であることなので、健康につながり、病院に行ったり薬を飲んだりする必要がなくなるので、結果として、一番の節約になりますね。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服




スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > クーラーと扇風機の節約術!快適に健康に過ごす方法