初心者でも簡単!仮想通貨(ビットコイン)の口座開設してみた

スポンサードリンク

作成

仮想通貨(ビットコインなど)を購入するための口座開設が簡単にできたのでご紹介します。

全体の流れとしては以下の手順で行います。

1.メールアドレスとパスワードの登録
 ↓
2.電話番号確認
 ↓
3.本人確認(免許証などの写真を撮って送るだけ)
 ↓
4.住所確認はがきが届く
 ↓
5.入金
 ↓
6.仮想通貨を購入

登録作業は、シンプルで簡単なのですぐにできるのですが、住所確認はがきが届くまでに数日かかるので、とりあえず、そこまではさくっとやっておくのが良いと思います。

それでは、詳しく説明していきます。

はじめに:どこでどんな仮想通貨を購入するのか?

仮想通貨には種類が色々あって、一番有名なのが、Bitcoin (ビットコイン)です。そのほかは、Ripple (リップル)・Ethereum (イーサリアム)・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)・NEM(ネム)・MONAcoin(モナコイン)などがあります。

初心者がどの仮想通貨を買えばいいのかについては、とりあえず、一番有名なビットコインを少額で購入してみるというのが王道です。
とりあえずやってみて、色々分かってきてからほかの仮想通貨を買ったり、ビットコインを買い増しして量を増やしたりするのがよいでしょう。

で、仮想通貨を購入するところを販売所と言います。販売所によって購入できる仮想通貨の種類と手数料などに違いがあります。

取引所の種類は、有名なところでcoincheck(コインチェック)・bitflyer(ビットフライヤー)・Zaif(ザイフ)です。

仮想通貨をバリバリやっている人は、大抵この3つに登録していて、それぞれ使い分けているようです。
中でも、初心者が一番最初に登録してみるとよいと言われているのが、コインチェックです。
理由は、デザインが見やすいこと。出川哲郎さんのCMもやっていて、取引量がナンバーワンという安心感です。

手数料については、どの仮想通貨をどれくらい買うかによって一概にどこが安いかは言えないのですが、とりあえず少額でビットコインを買ってみるならば、3社の間に大きな差はありません。

また、ビットフライヤーとザイフは、サーバーが不安定な時があるという声をきいたので、私は、とりあえず、コインチェックを使ってみることにしました。

手順1:メールアドレスとパスワードの登録

まず最初に、下記の画面の①の入力枠にメールアドレスを、②の入力枠に好きなパスワードを入れて、③の「登録する」ボタンをクリックします。
コインチェック登録画面

すると、入力したメールアドレス宛に、「登録メールアドレス確認のお願い」というメールが届きますので、メール文中のURLをクリックすれば登録完了です。

難しいことは何もなく、1分もあれば簡単に登録できちゃいました!簡単すぎてびっくりです。

手順2:電話番号確認

コインチェックの管理画面にログインした状態で、メニューの中から「設定」をクリックし、
設定

設定ページの中の「電話番号認証」をクリックします。

電話番号認証

で、電話番号を入力して、SMS(ショートメッセージ)が送られてくるのを待ち、メッセージに書かれている番号を入力すれば確認完了です。
SMSまち

私がやってみたところ、なかなかSMSが届かなくて、ハイフンありにしてみたりして5通ほど送ったところ、1分位したら5通のSMSが届いてびっくりしました。

どうしてもSMSが届かない場合は、自分からSMSを送る方法も用意されています。

電話番号の認証が完了するとこんな画面になります。
電話認証完了

一瞬、「もう入金できるの?」と思いますが、本人登録をしないと入金できないので、あと一息です。

手順3:本人確認(免許証などの写真を撮って送るだけ))

再び、上部のメニューから「本人確認」をクリックします。
本人確認

ここで必要なのは、名前・生年月日・住所・職業などの入力と、本人確認書類のアップロードです。

本人確認書類は、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・マイナンバーカードなどの内、どれか一つです。私は、運転免許証にしました。

で、免許証の表と裏をスマホで撮影し、自撮りモードにして免許書を持った自分の顔写真もパチリ。以下のイラストのような写真を撮影しました。
セルフィー

合計3枚の写真をアップロードしたらOK。

数日たつと、以下のはがきが簡易書留で送られてきます。
コインチェック住所確認はがき

これを受け取ればすべて完了。

あとは、管理画面から入金して、すぐに仮想通貨を購入することができます。

入金額が反映されるまでに、数分から数時間かかるとしても、その日の内には仮想通貨を買えるので、とりあえず、本人確認までやっておいて、実際に買う時に、いくら購入するかなどを決めればよいでしょう。

ビットコインは、日本円で500円相当分から買えるので、とりあえず試してみることもできます。

また、口座を持っているだけなら費用は一切かかりませんし、当然ですが、お金が減っちゃうなどの心配もいりません。

とりあえずやってみると、自分事になるので、話題の仮想通貨がぐっと身近のものになって、周りのみんなと話しができるのは楽しいですね。

→コインチェックの口座開設はこちらからできます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 初心者でも簡単!仮想通貨(ビットコイン)の口座開設してみた