【失敗談】モノを使い切るには?ミニマリストが使い切りに失敗した例&成功した例

使い切り方法

作成

今使っているモノをきちんと使い切ってから、次の新しいモノを買うことができていれば、モノが増えていくことはありません。

このルールを守って、あとは、ちょっとずつ片づけをして、古くなったり要らなくなったりしたモノを手放していけば、モノを減らすことができるはずです。

でも、なかなかモノが減らないという時もあるのではないでしょうか?

思い切ってごっそりと処分をしても、しばらくたつとモノが増えている・・・

そんな人は、捨てるもの探しを頑張る前に、ちゃんと使い切ることに気をつけると、効果的にモノ減らしができるかもしれません。

そこで今回は、私の失敗談として、モノを使い切らずに新しいモノを買ってしまった事例と、使い切ってから買い替えることができた事例についてお伝えします。

モノを使い切ることができた事例

使い切りに成功した商品

こちらは、白髪染のカラートリートメントです。

シャンプーなどもそうですが、だいたい使い切ってから次のモノを買うことができます。

おそらく、お風呂場に同じ用途のアイテムを何個も置いておくスペースがないからかもしれません。

今回は、ビゲンを使い切って、資生堂のティアラを買ってみました。

購入した理由は、パッケージがシンプルでいいなと思ったからです。

そろそろ買い替えようと思ったタイミングでドラッグストアに行き、たまたま、良さそうなパッケージの商品があったので、買ってみました。

価格は同じくらいで、カラートリートメントの品質については、どちらも大差ないと感じています。

つまり、商品の品質におおむね満足している場合、使い切ってから、次に同じような商品を買うことができるのだと思います。

使い切れずに新しいものを買ってしまった失敗談

使い切り失敗商品

私が、使い切れずに新しい商品の誘惑に負けてしまったのは、こちらの「マジックカバーBBクリーム」です。

今までは、「セザンヌのBBクリーム」と「ザセムのコンシーラー」を使っていたのですが、カバー力があるらしいことに惹かれて、まだ半分以上残っているのに、新しいBBクリームを購入してしまいました。

まぁ、両方をつかっているので、そんなに大失敗とは思っていませんが、あれもこれもをこの調子で買ってしまうのはマズイですね。

使い切れずに新しいモノを買ってしまった理由は、今使っているアイテムに100%満足しているわけではなかったからです。

「セザンヌのBBクリーム」は、安いし石けんで落とせて伸びが良いので気に入っているけれど、もう少しカバー力があればいいのにと思っていました。

それで、「ザセムのコンシーラー」と合わせて使っていまして、これはカバー力はまぁまぁ、あるけれども容量が少ないので、もっといい商品はないかなぁという気持ちがあったんです。

要するに、不満を感じていたんですね。

そんなときに、『カバー力がいいらしい』というBBクリームを見つけたので、欲しくなってしまったというわけです。

こういうのって、試してみたくなりますよね。

で、買ってみた感想ですが、確かにカバー力は高いのですが、使っていくうちに、厚塗り感が出るのが気になるのと、私の肌の色には合わないかもしれないと思うようになってきました。

つまり・・・大差なかったということですね。

多分、「マジックカバーBBクリーム」はリピートせず、元の「セザンヌのBBクリーム」と「ザセムのコンシーラー」に戻りそうな気がしています。

今まで不満に思っていた点も、別の商品と比べてみたら、不満に感じなくなることもあります。

こういうのって、使ってみないと分からないので、難しいですね。

つまり、「試し買い」ということです。少ないアイテムをお気に入りのモノでそろえるためには、こういった実験は欠かせません。

ただし、使い切れずに新しいモノをあれこれ試して、無駄な買い物をすることは最小限に抑えたいと思っています。

失敗してもモノが増え続けない対策

1回位であれば、使い切れずに新しいモノを買ってしまうのも仕方ないです。

でも、そういう試し買いでモノが増え続けるのをとめるには、「試し買いは1個まで」と決めるしかありません。

良さそうにみえる商品は、探せばキリがないです。探求していくとあれもこれも試してみたくなって当然です。

専門家や研究者であれば、商品の細かい違いにこだわって沢山の商品を買い集めて人体実験のように各商品を試したりしていますが、わたしたち一般の消費者はそこまですることはないですよね。

ちょっと試してみるのは、買物の楽しみの範疇ですが、冷静になって自分にストッパーをかけましょう。

モノを使い切るためのポイント

最後に、モノが増えすぎないために一番良いのは、使い切ってから次のモノを買う事なので、モノを使い切る為のポイントを考えてみました。

ポイントは次の2つです。

  • 持ち物の総量を減らす
  • お気に入りの商品を見つける

持ち物の総量を減らす

モノが多いのを何とかしたいという問題なので、これを言うと元も子もない気もしますが、やはり、持っているモノの種類が多いと、一つ一つに目を行き届かせることができません。

例えば、先の私のBBクリームの例でいうと、私が肌に関して使っている化粧品は、BBクリームとコンシーラーのみです。

化粧下地・ファンデーション・コントロールカラー・ハイライトは使っていません。

色々使いこなせば、もっとキレイにできるとは思いますが、管理しきれなくて大変なので、BBクリームとコンシーラーでできる範囲で粗を隠せればそれでいいかなと思っています。

そして、アイテムを厳選しているので、よりより商品を選ぶために、時々試し買いをするといった感じです。

たくさんのアイテムについて、よりよりモノ選びをしようとすると、多分、時間やお金がいくらあっても足りません。

自分に必要なモノ・自分がこだわりたいアイテムを絞り込んで、その他は、もたないとか、こだわらないと決めるとモノの管理がしやすくなり、ひとつひとつのモノを使い切ることができるようになるでしょう。

お気に入りの商品を見つける

新商品を必ず試したいという気持ちがあると、誘惑に負けがちです。

新しい商品は良いものである可能性もありますが、自分にとっては合わないことや、前の方が良かったということもあります。

そして、画期的な技術革新でもない限り、そんなに大きな差はありません。

ほんの少し違う商品を手に入れる必要性が本当にあるのかどうか・・・。

モノが増えてしまう不快感やまた買ってしまったという罪悪感を思い浮かべて、買うべきかどうかを天秤にかけてみるとよいのではないでしょうか。

お気に入りの商品を見つけられれば、一つを使い切ってから同じものを買えばいいだけになります。

使い切ってから次のモノを買うようにしよう

まとめると、一番良いのは、使い切ってから次のモノを買うことです。

これができれば、モノが増えることはありません。

でも、試し買いをしたい場合は、1個までなら、使い切る前に買ってもOKというルールを守りましょう。

いくつか試して自分のお気に入りの商品が決まったら、次からはそれを使い切って次を買うというルーティーンに入れますので、そこにたどり着けると買物のストレスが減ります。

私は、まだそういう商品を見つけていられないモノが多いので、試し買いが必要ですが、「試し買いは1個まで」というルールを守って、モノが増えすぎないようにして、自分に合うもの探しをしていきたいと思います。



関連記事

トップ > 【失敗談】モノを使い切るには?ミニマリストが使い切りに失敗した例&成功した例