必需品が増えるとシンプル生活ができないジレンマ

スポンサードリンク

作成

シンプル生活を目指しているので、「これがないと生活できない!」という必需品が増えるとザワザワします。

わたしにとっての必需品は、「PC眼鏡」です。

レンズの色が少し茶色っぽいのがわかりますでしょうか?

パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトをカットしてくれる眼鏡です。視力も悪いので、度も入っています。

PC眼鏡をかけないでパソコン作業をすると、もう、目が痛くて、痛くて・・・。気が散って作業も集中できません。

もはや、私にとって、PC眼鏡は、なくてはならない必需品となっています。

PC眼鏡を買った経緯

私がPC眼鏡を買ったのは、自動車免許の更新がきっかけでした。

視力が悪くて、だましだましやり過ごしてきていたのですが、視力検査に合格する自信がなく、中学生以来の眼鏡購入に踏み切ったのです。

で、どうせ買うなら、パソコン作業をする時にも使えるものを・・・ということで、近所のJINS(ジンズ)で購入しました。

あれから、1年以上がたって・・・

ふと、PC眼鏡なしで、パソコン作業をしてみたのですが、違和感ありまくり。文字もぼやけて、目もシバシバする。

完全に、眼鏡の矯正に慣れてしまったようです。

あると便利なモノから必需品へ

PC眼鏡を買った当初、それは、「あると便利なモノ」で、裸眼でパソコン作業をすることにそれほど支障は感じていませんでした。

小さい文字が見えにくい気がしましたが、そういう環境に慣れて、あたりまえになっていたため、必要性をそれほど感じていなかったのです。

今は、PC眼鏡による「よりよい環境」に慣れてしまったため、必要性が格段にあがりました。

私にとって、PC眼鏡は、買ってよかったモノ・役立っているモノで、必需品へと昇華したのです。

なるべく物を持ちたくないが・・・

シンプルな生活をしたいと願っているので、持ち物はなるべく少なくしたいです。

でも、PC眼鏡が必需品な私にとって、眼鏡を必要としない人よりも、持ち物がひとつ多くなってしまっているともいえます。

加えて、夏場はサングラス(紫外線カットの必需品)。もう少し年を重ねたら、老眼鏡も必要かもしれません。

これから、持ち物が増えることはあっても減ることはなさそうです。

成長と持ち物の数

思えば、子供の頃は持ち物なんてほとんどなかったなぁ~と。

手ぶらで遊びに行くこともあるし、メイクグッズも日用ケアグッズもほとんど必要なかったように思います。

大人へと成長していくにしたがって、大事なモノ・好きなモノ・必要なモノが増えていくのですね。

でも、何を持ち物をするかは、私らしさの表現のひとつです。

自分にとっての必需品は、出会えたことに感謝して、大事に使っていきたいと思います。

関連記事

トップ > 必需品が増えるとシンプル生活ができないジレンマ