女40代の変化~身体と心の変わったこと~

花
スポンサードリンク

作成

人生は、過ぎてみると「あの頃がターニングポイントだったなぁ」と思うことがあります。

私の場合、10代から20代へ、20代から30代へ、そして、40代から50代へという、10のくらいが変わる数年は、変化が多いようです。

20歳前後は、一人暮らしを始めたこと。30歳前後は結婚をしたこと、そして、40歳前後はフリーランスになったことです。

仕事の内容的には、20代のころから一応同じ分野なので、大きな変化だとは思っていなかったのですが、家にいることが多くなり、ここ数年で、ライフスタイルが大きく変わりました。

そこで、意図的にリセットしたわけではないのですが、気づいたら、変化しているな~と思うことについて、ちょっとまとめてみたいと思います。

食の好みの変化

子供のころから少食なことに変わりはありません。小学校の給食を残してはいけないというのがすごく憂鬱だったことが、いまでもトラウマになっているほどです。

食べるスピードも相変わらず遅く、会食などは、「皆と同じくらいのスピードで食べられるだろうか」ということで頭がいっぱいで、会話まで気が回りません、苦手なことと一つです。

でも、食の好みとしては、こってりしたり重たいものが好きで、揚げ物が大好物でした。

とんかつ、アジフライ、コロッケ、白身魚フライなどをお皿一杯に揚げて、夕食として週に数回食べていたこともあります。

それが、ふと気づいたら、この1年くらいは、まったく揚げ物をしなくなりました。

たまに、外食で食べますが、もう、山盛りの揚げ物はだべられそうにありません。想像しただけで、胸焼けしそうです。

揚げ物を食べる回数が減ると、油の管理が面倒なので、自宅で調理するのがおっくうになりますね。

キッチンのモノも減らしたいので、これからは、お惣菜で買ってくるか、外食で食べるかの2択になりそうです。

丸くなったみたい

身体ではなく、心の話です。

昔から、テキパキした性格で、白黒はっきりつけたいタイプでした。恥ずかしながら、人がミスするとすごい剣幕で怒ることもありました。

まだ、わりとうるさいほうかもしれませんが、以前に比べると、「まぁいいっか」と思えることが多くなってきたように思います。

他人への興味が薄れてきた感じです。

結局、人はミスすることもあるし、お願いしてもやってくれない人はやってくれないので、他人にはあまり期待しなければ振り回されずにすむのです。

「自分のやりたいことを実現するために、他人にどう動いてもらうか?」という考えがなくなって、「自己実現は自分との戦い」と考えるようになりました。

怠け者の自分にやる気を起こさせるのが案外手ごわいということも、いまさらながら気づき、もっぱらの課題です。

人間関係については、穏やかに過ごしたいと思っているので、面倒くさそうなことには近づかないようにしています。

人って、近づきすぎるといがみ合ってしまうので、適度な距離感が大切だと思います。

体力が落ちた

朝起きてすぐ、ゴミ出しのために階段の上り下りをすると、軽く息切れするようになりました。40代で、こんな状況は、老いぼれすぎでしょうか・・・?

仕事上、座っている時間も長いので、意識して運動をするようにしないとまずいなぁと思っています。

そこで、取り組んでいるのがウォーキング。

気候の良いときは、週に2,3回、8000~10000歩くらい近所を散歩していたのですが、雨が続いたり、暑い日が続くと、途端に歩かなくなってしまいます。

歩くルートも飽きてくるし・・・なにか、モチベーションアップになることが見つかるとよいのですが、何もしなければ、体力は落ちる一方だと思うので、頑張りたいと思います。

好きなことはそればっかり

食べ物とか、音楽とか、洋服とか、お気に入りのものができると、そればっかりという極端さに磨きがかかってきました。

ほぼ毎日食べているたまごサンドは、2年近く続いていますし、気に入った曲は30回くらいループして聴いても飽きません。

洋服は、断捨離をして好みが分かってきたので、外出する時はだいたい「お気に入りのいつものコーデ」です。

嫌いなモノや要らないモノを手放して、好きなことばっかりになってきたのは、断捨離の影響が大きいですね。

断捨離は、リセット効果が大きいので、40代の変化は、断捨離と出会ったことからきているのかもしれません。

50代から60代、60代から70代も変化はあるのでしょうか?

落ち着いている今の生活が気に入っているのですが、ある程度、時代の波に乗ったり、良い進化をするためには、変化を恐れずにいきたいと思います。

関連記事

トップ > 女40代の変化~身体と心の変わったこと~