断捨離とは生き方そのもの!自分の人生を生きる方法とは

人生という名の道
スポンサードリンク

作成

断捨離はただの片付けの方法だと思っていませんか?実は、その人の生き方そのものを反映させている哲学的な面があるのです。

断捨離とは選ぶこと

断捨離の基本は不要なものを処分して持たないようにすることです。

つまり、自分にとって、何が必要かどうかを見極めて選んでいく作業になります。

これって、人生に似ていると思いませんか?いやむしろ、人生そのものですよね。

断捨離ができていない人は、不要なものも抱え込んでいて、大切なものが分からなくなっている状態です。

人生に例えると、給料のために仕方なく仕事に出かけ、朝から晩までやりたくないことをして、夜遅くに帰宅をして寝るだけという生活。

自分が好きなものは何か?自分にとって大切なものは何か?本当は何をしたいのか?そいうことがわからなくて、仕事に追われ、通勤で時間をとられ、なんだかいつも忙しくて切羽詰まっている・・・そんな感じです。

必要なものを選ぶということができていないと、本質を見失い、オーバーフローしてしまします。これは、断捨離も人生も同じです。

働かないと生きていけない

「好きなことをするべきだとわかっていても、働かなければ生きていけない。」こんな言い訳をよく聞きます。

でも、今の時代、少しのお金があれば、住居を確保して食べていくことはなんなりできます。

世間の常識・見栄・中流意識などを捨てれば、シェアハウスや田舎暮らし・激安スーパーや自家栽培での食料の確保・スマホを持たない・車を持たない・スタバに行かないなど、削れることはたくさんあります。

なんとなく習慣で必要だと思い込んでいることを辞めて、本当に必要なことだけ選べば、必ずしも、高い給料をもらえなくたって生活をしていくことは可能なのです。

断捨離をして、究極のミニマリストになる人もいるくらいですから、本当に必要なことやモノは、つきつめると、案外、シンプルなほんの少しのことに凝縮されるようです。

断捨離で生まれる余裕

おもいきった転職をしたり、ミニマリストになるなどの極端な行動はできなくても、断捨離によって、自分らしい生き方を見つけることはできるでしょう。

不要なモノをなくすと、お金・スペース・時間に余裕ができるのです。

無駄遣いがなくなってやりたいことに使えるお金が捻出できたり、狭い部屋でも大事なものを置く場所を確保できたり、買い物にかける時間が減って好きなことをやる時間に充てられたり・・・という具合です。

断捨離でスッキリとすると頭の中の思考もクリアになるので、本当にやりたいこととは?自分の生き方とは?などについて考えることもできるようになります。

まさに、自分の生き方を取り戻す第一歩ですね。

いつも忙しい。自分の部屋にいても落ち着けない。このまま生き方でいいのだろうか?なんて思いながらも、あっという間に日々が過ぎているようであれば、断捨離をしてみるとよいかもしれません。

自分らしい生き方は自分で選ぶものなのです。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > 断捨離とは生き方そのもの!自分の人生を生きる方法とは