テレビ台をなくしたい人へ3つ方法を紹介!テレビ台の断捨離はできるのか?

テレビとTVボード

作成

断捨離が進むと、テレビ台の断捨離はできないものか?と目をつける人が多いようです。

今は、大型テレビも増えていますので、それを支える台は必然的に大きくて頑丈なものとなり、部屋の中でそれなりの存在感を出すものとなります。

でも、インテリア雑誌やお部屋のレイアウト画像などを見ると、いい感じのお部屋は、たいていテレビ台があります。テレビを床置きしているのって、貧乏学生の一人暮らしの部屋のような感じもしますが・・・テレビ台の断捨離ってできるのでしょうか

そこで、テレビ台をなくしたい人へむけて、テレビ台を断捨離する3つの方法をご紹介します。

断捨離方法1:テレビ台を捨ててソファもかえる

テレビ台が必要な理由は、画面を視聴する際の目の高さの問題です。

リビングでソファーに腰かけてテレビを見るというくつろぎ方をすると、ソファの高さ分、テレビ高い位置にしないと、上から見下ろす形になって、見づらくなるのです。例えば、こんな感じです。

まぁ、見れないことはないですね。DVD鑑賞が趣味の場合だときついかもしれませんが、TVはほとんど見ない人であれば、大丈夫かもしれません。

もう少し、見やすさを改善する方法としては、ソファの高さを低いものにする方法があります。

例えば、こんな感じのローソファです。

フロアソファとかロータイプソファなどと言われていて、若者や子育て世代にも人気のスタイルです。

洋風だけどたたみ生活に回帰しているような印象でしょうか?ラグマットを敷いて、モノは床においてもいいですし、ローテブルなどを使えば、広々とゴロゴロできるでしょう。

ローソファに寝転がってテレビを見たいならば、床置きのテレビでも高さ的には問題ないので、テレビ台の断捨離と合わせて、このような床で生活するスタイル変えるのも一つの方法です。

断捨離方法2:壁掛けテレビにする

スタイリッシュにするなら、こちらの方法がおすすめです。

ただし、賃貸住宅にお住いの場合はちょっと難しいかも。

テレビ自体を買い替える必要もあるので、お金もかかりますね。

また、DVDデッキやゲーム機などをテレビにつないでいる場合は、それらの置き場に困ってしまいます。

先にご紹介したインスタの写真のお宅は、テレビをかけている壁の裏側にデッキ類を設置し、壁に穴をあけてコードを通しているそうです。

見た目はすっきりしていますが、なかなか大変ですね。

断捨離方法3:テレビもテレビ台も手放す

テレビ台をなくしたい・・・と思う人は、基本的にテレビをそんなに見ない人なのではないでしょうか?

テレビを見ることが好きで、快適な環境づくりをしたいと考えるなら、テレビ台は、置いてあるだけで、かさばるものですが、必要で役に立っているモノと考えるはずです。

邪魔だなと思う心理には、必要性をそこまでは感じていないのかもしれません。

ならば、台をどうしようかを考えるのではなく、「そもそもテレビの断捨離はできないか?」という考え方もあるのではないでしょうか。

一人暮らしであれば、パソコンでテレビも視聴できるようにしたり、ニュースの類は、ネットや新聞から情報するのみにしたりという生活に切り替えるのです。

ただし、家族と暮らしている場合は、全員の意見が一致しないと、難しいかもしれませんね。

ちょっとした暇つぶしにテレビを見たり、休日の楽しみがてれびだったり、楽しみにしているテレビドラマがあるという人は、まだまだ多数派なのが、日本の現状です。

この辺りは、個人のそれぞれの考え方次第ですね。ただし、私の周囲の肌感覚ですが、テレビを持っていない・全く見ないという人は、増えているように感じます。

一昔前であれば、テレビを持っていないと「なんて奇特な人」「そんなに貧乏なのかしら」と思われかねませんが、最近はテレビを持っていない人は増えています。

まとめ

テレビをなくしたい人向けに3つの方法をご紹介しましたが、選び方は以下のとおりです。

  • 多少の見にくさは我慢するなら、1の方法が一番手軽
  • 見た目重視でとにかくテレビ台をなくしたいなら2の方法
  • 一人暮らしやミニマリストには3の方法

テレビとテレビ台を思い切って断捨離してみるのも、ひとつの生活スタイルかもしれませんが、私はまだそこまでできていません・・・。

断捨離は無理に持ち物を減らすことではないので、必要性もよく考えて、自分に合ったテレビ台のあり方を考えてみるのがよいと思います。





人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > テレビ台をなくしたい人へ3つ方法を紹介!テレビ台の断捨離はできるのか?