「欲しいものがない」は断捨離の一つのゴール

買物に出かける女性
スポンサードリンク

作成

とても穏やかに、「欲しいものは、そんなにないなぁ~」と思うことがあります。

断捨離をすすめて、だいぶ部屋がスッキリしてきたころから、時々思うようになりました。

厳密にいうと、買おうと思っているものは常にあるのですが、「あー!欲しい!」「買っちゃおうかな?どうしようかな?」というような、ザワザワする購買欲がおさまっているという感じです。

買う予定のモノは、はっきりとした理由・意味があり、今使っているものが駄目になるなどの来るべき時が来たら、買おうと決まっているので、落ち着いていられるのです。

不要なものを手元に置いておきたくはないので、前もって、今すぐ買っておこうとは思いませんし、次に買うもののめどが立っていて安心だなぁと思っています。

心理的に問題がある場合

「欲しいものがない」という感情は、時には、心理的に問題があるケースがあるので注意が必要です。

生きる気力がなくなっていて、買物に行くのがめんどくさく、何が欲しいかすらわからないとか、精神的に虐げられていて、自分の好みをいうことができず、自分自身何が欲しいのが分からなくなってしまっている等。

心が疲れていたり、弱っていたりする時も欲しいものが何もないと感じたりするので、注意が必要です。

問題を感じたら、休息をとったり、専門家に相談するなどのケアを考えましょう。

断捨離をしすぎている場合

極端なミニマリストにあこがれて断捨離をしすぎている場合、何もモノを持ちたくないと思うことがあります。

でも、普通の生活をしていると必要なものはあるのですから、周りに奇異な目で見られていると感じたり、生活に支障を起こしているようであれば、すこし冷静なって、客観的に振り返ってみることが必要かもしれません。

よく考えてみて、それでも、欲しいものが全くなければ、大丈夫でしょう。無理にモノを手に入れる必要はありません。

断捨離を極めている人はそういう心境なのかもしれませんね(私は違いますが)

穏やかな物欲

私の場合の、「欲しいものがない」は、言い換えると、物欲が穏やかになったという感じです。

我が家はまだまだ断捨離の途中で、不要な持ち物もいろいろ抱え込んでいる状況ではありますが、自分の持ち物については、ばっさりと断捨離が済んだモノもあります。

10個あったモノを厳選して2個にしたり、3つあったモノを処分して最適な1つに買い替えたりという具合です。

用途をしっかりと考えて購入したモノは、満足度も高く、新商品の広告を見てもすぐに欲しいとは思わなくなりました。

洋服がいい例です。流行の色や形をみても、今までなら、一つ持っておこうと思ったものですが、買っても着る機会がなさそうだからいらないな~と判断できるようになってきました。

結果として、欲しい!と衝動的に思うことが、ほとんどなくなりました。

断捨離は、必要なものをはっきりとさせて、買物を計画的にしていく効果があるように思います。世の中の誘惑に触れても、自分の信念がぶれないようになってきたのかもしれません。

具体的には、話題のアイテムについてなんとなくネットで調べたり、売れているものランキングをみたり、人気アイテムの最安値を調査して買えるかどうか考えたりする時間がなくなりました。

心がかき乱されず、楽チンです。無駄な時間も削減できているのかも?

今すぐ欲しい!という熱狂的な気持ちが収まっているいうことは、断捨離のひとつのゴールかもしれません。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 「欲しいものがない」は断捨離の一つのゴール