借金返済中の人が取り入れたい断捨離思考

ミニマリスト
スポンサードリンク

作成

断捨離を極めている人の中には、住んでいる部屋にはほとんどモノがないという人がいます。

写真で見ると、テレビもソファーもない部屋にポツンと座っていたり・・・。

一般的に考えると、かなり極端な生活スタイルではあるかもしれませんが、必要なモノを最低限にするというミニマリスト的思考を取り入れると効果的なのが、借金返済中の人です。

借金返済に効果的なこととは?

借金返済の方法としては、様々な取り組み方があるでしょう。収入を増やす・金利がつかない知り合いにお金を借りる・節約をする等々・・・。

なるべく早く借金返済するには、生活をミニマルにし、日々かかるコストを最小にすることは、かなり効果があるのではないでしょうか。

借金返済方法まとめ」というサイトには、以下のよう書かれていました。

毎月の返済額を少しでも多くするには、毎月の出費を抑える必要があります。
ちょっとした工夫で数千円の工面は出来る事がありますが、そのような無駄な出費はありませんか。
http://借金返済方法ナビ.net/debt30/

食費などを削ることもそうですし、断捨離をして持ち物が減れば、今住んでいるところよりも狭いところに住めます。毎月かかる家賃が少なくなれば、空腹に耐えるなどの辛い思いをせずに出費を減らせるのです。

借金をする人にありがちな考え方

そもそも、借金をする人にありがちなのは、お金をパッパパッパと使ってしまうところにあるのではないでしょうか?

お腹がすいたと感じたらすぐに外食してしまう。街を歩いていていいなと思う服が合ったらすぐに買ってしまうなどです。

好きなことをして、感情のままに生きていくことは楽しい面もありますが、あとで借金返済に苦しむのは辛いことです。なので、長い目で見ると、「いいこと」とは言い切れません。

そこで、衝動的に行動してしまう考え方に、断捨離思考をつけ加えていくといいんじゃないかな?と思うのです。

例えば、パッと見ていいなと思うものがあったとき、本当に必要なモノかどうかを断捨離思考で考える時間をつくるのです。

ちょっと考えてみると、同じようなデザインや機能のものをすでに持っているということはよくある話です。ウイークポイントが一つ見つかると、欲しかった熱が急に覚めることもありますね。

第一印象が最高の判断であるとは限らないのです。

不要なモノを持っていても、意味がありません。

無駄遣いをすると、なんだかそわそわして気持ち悪い・・・なんて気持ちが出てくれば、立派な「断捨離スト(断捨離をする人)」になっているかもしれません。

断捨離をしているひとに借金のある人はすくない

借金をきっかけに断捨離に目覚めたという話はききますが、断捨離を好んでやっている人やミニマリストには、借金返済に苦しんでいる人はあまり見かけません。

無駄が少なく、生活していくのにかかるお金が少なくなるので、自然とお金に余裕ができるのでしょう。

現代の日本は、普通に働いている人でもやりくりするのが厳しい経済状況の社会になってきています。

高給取りでお金に困っていない人は、好きな時に好きなものを買って無駄遣いもたくさんして消費の活性化の役割を担ってくれればよいと思いますが、借金で痛い思いをして、もう二度とこんな思いはしたくないというような人には、断捨離思考を取り入れて、生活をダウンサイジングしてみるのがよいかと思います。

今の時代は、経済が上り坂で普通にしていれば給料が上がった時代とは違います。断捨離は、経済停滞が長く続く中で生まれた、新しい考え方で、新しいライフスタイルであるともいえるのではないでしょうか。

借金の原因が、自分の生活スタイルや考え方にあるならば、それを変えていくことが必要です。それにピッタリなのが、断捨離ではないかと思うのです。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 借金返済中の人が取り入れたい断捨離思考