衣替えの春・秋は断捨離のチャンス!

服をたたむ男性
スポンサードリンク

作成

断捨離を上手に進めるには、衣替えの時期を利用することが効果的であることを知っていますか?

季節の中でも、寒さ・暑さの二つに大きく分かれるため、それぞれの境目である、春と秋はモノの入れ替えが激しくなる時期なのです。

いつもの衣替えをするだけではなく、このチャンスを断捨離に活かしていきましょう。

春の衣替えでやるべきこと

冬から暖かい季節となる春は、心も身も軽くなるような季節ですね。セーター、コートなどの防寒着はクリーニングに出して来シーズンに備えましょう。

その際には、ヘタレ具合のチェックをして、本当に来シーズンも着られるものなのか判断しましょう。毛玉がついていたり、ほつれがあれば直して、すぐに着られる状態にして保管しておくことが理想的です。

来シーズンは着ないと思うものであれば、一応とっておくことはせずに、処分してしまうことをおすすめします。

今処分できないならば、結局ずるずると持ち続けることになる可能性が高いです。できれば、春になる前に「このコートは今シーズンで最後」と決めて着収めをすると気持ちよく処分できますね。

保管スペースがある場合は、秋までとっておき、冬物の買い取り価格が高くなることにリサイクルショップに持ち込むことも賢い方法です。

衣替えは、服だけに限ったことではありません。ラグマットの交換やしまい込み、暖房器具の片付け、寝具の交換などもこの時期にやるべきことですね。

ブーツのような冬物の履物も、革を磨いてブーツキーパーを入れたり、靴箱の奥に入れるなど入れ替えが必要となります。

これらのモノもただしまうのではなく、拭いたり、掃除をしたり、点検をしたりして傷や壊れがないか?使いにくいことはないかなどをチェックして、来シーズンも使うかどうか考えてみる機会としましょう。

また、秋・冬でまったく使っていないものがあれば、処分するいい機会です。使わなかったものは、必要なかったもの。つまり、これからも、使わない可能性が高いものなので、衣替えのたびに出したりしまったりするならば、持っていると手間がかかるばかりで意味がありません。

秋の衣替えでやるべきこと

これから冬ごもりをする秋は、冬物を出すので部屋の中にモノがおおくなる季節です。

夏服の衣替えは、クリーニングに出すものも少なめで、自分で洗濯をして収納しておくだけの衣類が多いでしょう。

これらも、春の衣替え同様、来シーズンも着るかどうか確認が必要です。あと少しだけ着れるなぁ・・・と思う服があれば、冬服のインナーとして着たおしましょう。

難ありの服を衣替えでしまい込んでしまうと、来シーズンにはなんとなく着なくなり、結局持っているだけの不要なものとなるのです。

衣替えは、モノを見直して、処分するかどうかの判断をしっかりとするタイミングでもあるのです。

また、冬物はかさばりがちなので、春・夏で物が増えている場合、引き出しやクローゼットに入りきらなくなることがあります。

収納力以上にモノの数が増えると、モノが出しっぱなしとなって部屋が汚くなったり、奥に収納したものが取り出せなくなり、使わないモノが出てきたりします。

秋の衣替えは、このような不要なモノをなくすために、モノの量を最適化するのに絶好のタイミングです。

まとめ

衣替えを単なる「出す・しまう」にしてしまうと、古いものが増えるばかりです。

好きなものを心地よく使うためには、モノの状態を把握して、循環させていくことが理想的ですね。

使ったシーンを思い出したり、ヘタレ具合を観察することは、モノを大事に扱うということで、これにじっくりと取り組むことで、今度買うときはもっと〇〇なほうが使いやすいなどの発見につながります。

これによって、好きなモノや必要なものがはっきりとして、無駄な買い物がなくなるのです。

衣替えの機会には、ぜひこんなことも気にして、断捨離に活かしていくとよいでしょう。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > 衣替えの春・秋は断捨離のチャンス!