断捨離するのは貧乏くさいのか?

貧乏くさい女性
スポンサードリンク

作成

断捨離ときくと、貧乏くさいイメージがわきますか?

ものがない状態を、「お金がなくてものを買えない」と決めつけていると、貧乏な印象を持ってしまうかもしれません。

しかし、断捨離は、自分の意志で、「買わない・処分する」を実行しているので、お金のあるなしとは関係ないのです。

本当の貧乏人は断捨離なんてできない

相対的貧乏に絶対的貧乏。贅沢するお金はないけれど多少の貯金はあるという人など、貧乏にも程度の差があります。

本当に貧乏な人は、生きていくことで精いっぱい。寝る時間と食べる時間以外は働かなくてはならないので、断捨離なんて考える余裕がないでしょう。

断捨離は1日に数分からでもできるので、余裕がない人でも、取り組むことは可能です。

でも実際は、「断捨離をやろう」という気持ちになるために情報収集をしたり考えたりする心のゆとりが持てないと思います。

逆に、「貧乏生活を抜けだしたいから断捨離をしよう」と思えるなら、まだ、どん底の貧乏ではないといえるのかもしれません。

使うお金の変化

断捨離をすることによって、買い物が少なくなり、節約ができます。

でも、「断捨離で大金持ちになりました!」なんて話は聞いたことがありません。

モノを減らしても、無駄なものがなくなって必要なものが明確になっただけです。金銭的には、多少の無駄遣いが減ったくらいの効果であることが多いようです。

お金の余裕が少しできたら、次に購入するものをグレードアップする人も多いので、プロマイゼロになっちゃいますね。

断捨離は、節約して使うお金を減らすことが真の目的ではないのです。

断捨離で貧乏脱出する

モノが減って、自分にとって必要なモノがはっきりすると、機能やデザインについてのこだわりが強くなり、質のよいものが欲しくなりします。

モノが少ないのですから、ひとつひとつにかけられる金額も多少は高くできますね。

いいモノを所有すると、はたから見れば、貧乏には見えないでしょう。

断捨離で最終的に目指したいところとしては、「お気に入りのものを必要な分だけ所有すること」です。

本当に貧乏な人は、とにかく安く買えるだけ所有します。一つ一つのものの質は悪くなりがちで、おまけでもらえるものなどもお得ならばともらっておく感じです。

なので、モノは多くなります。つまり、断捨離と貧乏は、真逆に位置するものなのです。

心を豊かにする断捨離

貧乏な状態では、モノの質にこだわっていられません。結果として、心も貧しくなっていきます。

断捨離は、自分にとって必要なものは何かと考えることで、モノを厳選してこだわりを持っていくことです。モノを大事に扱う結果、心が豊かになっていくのです。

断捨離によって整理整頓が進んで仕事がはかどるようになったり、頭の中も整理されて効率が上がったりすることは、気持ちの面で余裕が生まれますので、心が豊かになるのです。

余裕ができて、いい波に乗れると、給料が上がってお金もたまって・・・ということもあり得るでしょう。

モノについて深く考えて行動することは、とても文化的で、精神的に豊かな生活を送っているように思います。

断捨離に興味がある人は、貧乏くささとはまったく別であるといえるでしょう。

断捨離の途中段階では貧乏に見えることも?

これは、私の目指す、理想的な断捨離の姿ですが・・・持ち物や服は最小限だけど、仕事はバリバリして、お金に余裕がある暮らしをしたいと思っています。

そのために、お金を貯めている最中なので、今は断捨離とともに節約もしています。

無駄なお金を使うことも嫌いなので、羽振りがよい方ではありませんし、物持ちが良いので、年季の入ったものを何年も使っていることも多いです。

たぶん、人から見たら、「お金をあまり使わない人」に見えていると思います。

中には、「ケチ」「貧乏くさい」と思っている人もいるかもしれません。

でも、当然ですが、必要なものにお金を使っているので、他の人が買わないようなモノに数十万円を払ったりすることもあります。

周りの人は、私のすべてのお金の使い方を知っているわけではないので、見る人からみたら、貧乏くさく見えるかもというだけのことです。

まして、断捨離の途中段階ですから、「もう少し使えるかな?」と古いものを使って見たり、「これって代用できるのでは?」と試してみたりしているので、そういう行動は、貧乏くさくみえるかもしれません。

「ちまちましてないで、新しいの買えばいいじゃん」っと。

でも、この試行錯誤は、楽しくやっていることなので、単なる、価値観の違いだと思います。

「貧乏そうにみえる」という価値観も、極端な例でなければ、そう思う人もいるけど、そうは思わない人もいる・・・。という程度ではないでしょうか。

見た目だけが原因ではない

いつも同じ服装をしていた人と言えば、コンピューター会社「Apple」の創業者のスティーブ・ジョブズが有名です。

彼が、世界的に有名な経営者でありお金持ちであることは誰もが知っているので、彼を見ても、貧乏くさいと思う人は少ないでしょう。

しかし、同じような服装のただのおっさんであったらどうでしょうか?

結局、見た目、だけでなく、実績や行動など、様々な要素の総合的な判断で、貧乏くささを感じるのだと思います。

断捨離はしているけれど、無料でもらえるものに飛びついていたり、なくすことの理由が節約のみだったりしていませんか?

無駄を省くという点では、節約もよいですが、それを凌駕して自分の判断で「いる・いらない」を考えられるようになることが、真の断捨離ではないかと思います。

私も、まだまだ断捨離の途中で、ゴールがどこかもいまいち見えていません。とりあえず、不要そうなものを手放して全体数を減らして・・・という段階です。

なので、貧乏そうにみえることはあるでしょう。

なるべく早く、この段階を抜け出して、「自分の信念がはっきりしている人」というイメージになりたいですね。

そのためには、モノを少なくするだけでなく、考え方や行動なども、洗練してスキルアップしていくことが必要だと感じています。

無駄なくシンプルに暮らしているけれど貧乏そうに見えないというのは理想的ですね。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > 断捨離するのは貧乏くさいのか?