ソファの断捨離しました!ソファーの無い生活のメリット&デメリット

ソファで寝転がる男性

作成

ソファの断捨離ができたら部屋がずいぶん広くなるのになぁ・・・そんな風に思っていませんか?

2、3人掛けのソファは横幅は160cm~2m近くになります。ゆったり腰かける深さがあって、高さもあってとなると、かなりの大型家具ですよね。

ごろごろとソファに寝転がって、テレビを見るのは至福のひと時ではありますが、はたして、本当にソファは必要でしょうか?

そう考えて、ソファが古くなってきたのを機に、我が家はソファの断捨離を行い1年以上が経ちました。

そこで、リビングでソファの代わりに使っているものの紹介と、ソファーの無い生活のメリット&デメリットについてまとめてみました。

リビングのソファの代わりは折りたたみ椅子

ソファ代わりキャンプの折りたたみ椅子

スペースを広く使いたかったので、最初は座椅子にして高さも抑えようと思ったのですが、急場しのぎで使った椅子が思いのほか快適だったため、1年以上過ごしてしまいました。

その椅子は、キャンプで使用していた折りたたみ椅子です。

使わない時はたたんでしまっておけるだけでなく、軽くて丈夫。しかも、深く腰掛ければ、ソファに座っているようにゆったりとくつろぐこともできます。

見た目がいまいちなのと、なぜ室内で屋外で使うキャンプの椅子を使っているの?という違和感はありますが・・・、どうせ使わずに持っていたものなので、追加費用もなしでソファの代わりが見つけられたので、いいめっけもんでした。

ソファ断捨離をしたメリット

ソファ断捨離をしたことによって感じたメリットは以下のとおり

  • 掃除がしやすい
  • リビングが広くなった
  • 食事時間のメリハリがつく

一番のメリットは、スペースが広くなって掃除がしやすくなり、ソファの奥に溜まっていたほこりもなくなったので、スッキリと気持ちのいいリビングになったということです。

加えて、ソファが食卓の椅子でもあった時は、食後に横になってダラダラと過ごしてしまうことが多かったのですが、それがなくなりました。

ソファのある生活も悪くないですが、自称ミニマリストとしては、ソファのいらない生活というのも、スッキリとして気持ちの良いものだと感じています。

ソファ断捨離をしたデメリット

ソファ断捨離をしたことによって感じたデメリットは以下のとおり

  • ゴロゴロすることができない
  • リビングが物足りない感じがする

デメリットはあまり思いつきませんでした。しいて言うなら、ゴロゴロできないということですが、寝転がってテレビを見たりするのは無駄な時間なので、なくなってよかった気もします。

また、インテリアにこだわりたい人にとっては、ソファーの無いリビングは、絵的に少々物足りないかもしれません。

デザイン家具としてのソファがリビングにあると、カフェの様なおしゃれな雰囲気になりますが、ソファがないとガランとした雰囲気になります。

でも、これはこれでスッキリとしていて悪くはないです。慣れの問題でしょう。

ソファの無い生活を過ごして感じたこと

くつろぎタイム

私がソファの無い生活を1年以上続けてみて感じたことは、「意外と無しでも悪くないな」ということです。

私の子供時代は和室ばかりの一軒家で過ごしていた為、家にソファはありませんでした。

ごろごろする時はジュータンの上に座ったり寝転んだりしていて、それが当たり前でした。昭和時代の一般家庭では、ソファの無い生活が当たり前だったと思います。

大人になって、フォローリングのマンションで一人暮らしをするようになって初めてソファを買い、20年近くソファのある生活を続けていたところで、ソファの断捨離をしました。

最初は今まで使っていたものがなくなる喪失感がありましたが、大型ソファだったので、ギャップが大きかっただけかもしれません。

ソファがあればいいのに・・・と思ったことは、今のところほぼありません。

ソファの断捨離をしてみて、「無くていいかも」と思うものは、潜在的にそこまでの必要性は感じていないように思いました。絶対に必要なものであれば、「無くていいかも」なんて絶対に思わないはずです。

ものすごくリビングが広くて、スペースを持て余しているようであれば、ソファがあっても、ちょっと腰かける程度として使えばいいですが、普通の広さのリビングだったら、そのためだけに、大きなソファを置くことは、要らない気持ちが大きくなっています。

ソファがなくなって広々としたことに快適さを感じています。





人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > ソファの断捨離しました!ソファーの無い生活のメリット&デメリット