ソファの断捨離術!ソファのないリビングでくつろぐには?

ソファで寝転がる男性
スポンサードリンク

作成

ソファの断捨離ができたら部屋がずいぶん広くなるのになぁ・・・そんな風に思っていませんか?

2、3人掛けのソファは横幅は160cm~2m近くになります。ゆったり腰かける深さがあって、高さもあってとなると、かなりの大型家具ですよね。

ごろごろとソファに寝転がって、テレビを見るのは至福のひと時ではありますが、はたして、本当にソファは必要でしょうか?

ソファのないリビングでくつろぐ方法を踏まえながら、ソファの断捨離について考えてみました。

ごろ寝はベッドのみにする方法

ゴロゴロしたい時はベッドを使うようにすなら、ソファを処分しても問題なくなるのではないでしょうか。

この断捨離方法は、だらだらとテレビを見てしまう習慣を辞めたい場合に特におすすめです。

もしかすると、テレビ自体を断捨離することもできるかもしれません。

ベッドでゴロゴロする時に映像を楽しみたいならば、タブレットやポータブル機器を使う方法もあります。

また、家具の配置によって、ベッドからテレビが見えるようにすれば、ごろ寝が実現できますね。

床座生活にする方法

ソファーを座椅子やロータイプの軽いソファに変えたり、座布団やクッションを使うようにして、床にはラグやカーペットを敷くという床座生活をする方法もあります。

この生活スタイルは部屋が狭くなりがちな都心の若者に多く見られます。

背の高い家具も少なくしていくと、部屋も広く感じられますし、小さい子供がいてもソファから落ちる心配もなく、まったりとくつろげて人気のスタイルのようです。

ソファダイニングにする方法

ソファをどうしても処分したくないならば、ダイニングテーブルにあわせる椅子をソファにする方法があります。

食卓を、食事をするだけの場所ではなく、テレビを見たり、食後に横になったりと家族団らんのスペースにしてしまうのです。

食べる場所とくつろぐ場所が一か所になるので、スペースが半分で済みます。

ただし、家族の食事の時間がまちまちの場合は、この断捨離方法は向いていません。

食事をしたい人とくつろぎたい人が共存できないのであれば、ストレスになってしまいます。

食事の時間がまとまっている場合や食後のくつろぎをあまり必要としない場合、休日のごろ寝がバッティングしない場合などにはおすすめの断捨離方法です。

ソファベッドにする方法

一人暮らしの場合は、ソファーベッドにする方法もあります。ベッドとソファを持っている場合は、家具を1つ減らせる断捨離方法です。

寝るときはベッドで普段はソファと一つで二役こなすため、省スペースで使えて便利です。

まとめ

ソファなしでもくつろぐ方法はいろいろありますね。

そふぁは、もともと日本にはなかった文化(家具)なので、なければないですむものかもしれません。

でも、ストレスがたまる断捨離は長続きしません。自分なりの好きなくつろぎ方を研究してみるとよいでしょう。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > ソファの断捨離術!ソファのないリビングでくつろぐには?