断捨離による健康効果

ナース
スポンサードリンク

作成

断捨離をする前のモノがあふれかえった部屋は、健康にとって悪影響があります。

ごちゃごちゃした部屋って、いかにも不健康そうなので、なんとなくはわかっていると思いますが・・・

そこで、断捨離の健康効果についてまとめました。

掃除が行き届かない汚部屋

部屋の中にモノが多いと隅々まで掃除をすることができません。

ものがぎっしりと詰まった家具は、動かすことも困難で、壁との隙間にほこりがたまっていきます。

置き場所がなくて、窓を遮るようにモノを積み上げると、換気のために窓を開けることができません。

ほこりや汚れと結露の水分などがあわさり、サッシはカビだらけ。カビは、部屋中に胞子をふりまきます。

ぎっしりと衣類が詰まったクローゼットは、ダニが発生しやすいものです。

布団をしまうスペースがなく、万年床となっていれば、ダニの温床にもなります。

これらは、汚部屋のデメリットとしてよく聞ことですが、掃除が徹底されないことは、このような不衛生・アレルギーの発症・病気になるといった健康被害が予想されます。

怖いのは、それぞれの人の免疫力の強さや様々な条件が組み合わさるタイミングにもよりますが、重症化すると死につながることもあり得るということです。

食に関する管理ができない

生活のなかで、「食べること」には、様々なものが関連しています。

冷蔵庫の中や食材のストック・調理器具や調理家電・キッチン回りの環境など、これらによって、食の良し悪しが変わります

賞味期限切れの食べ物を食べてしまう。食中毒の原因となる菌を発生させてしまう。不衛生が原因で体に有毒なものを口にしてしまう。そういうこと起こり得るのです。

不要なモノや使っていないモノが多くなると、管理全般ができなくなります。これによって、「衛生的な食」を維持できなくなり、健康被害が脅かされるのです。

精神的な健康への影響

持ち物の把握ができていないと、探す時間がかかる。無駄な出費が増える。家族との言い合いが増える(「ここに置いておいたあれがない!どこにしまったんだ!」と怒鳴られる)等によって、ギスギスした雰囲気になり、いつもあわただしくなり、お金がたまらなくてイライラする・・・などになったりします。

心穏やかに、スッキリとした気持ちで過ごせないということは、精神的に健康とはいえませんね。

ただモノを減らすだけでなく、家族間のコミュニケーションの仕方や家庭のルール作り、仕事の状況などによってもかわってきますが、断捨離によって、多少はよい方向になるのではないでしょうか。

まとめ

断捨離が、環境・食・精神面というアプローチから、健康に関して影響を及ぼすことがお分かりいただけたかと思います。

健康的な生活は、様々なことが関連しあって成り立っていきます。

うまくいっていない時は、断捨離状況に原因を疑ってみるのもよいかもしれません。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 断捨離による健康効果