炊飯器は断捨離しても大丈夫?

ごはん
スポンサードリンク

作成

炊飯器って、キッチンにおいて場所をとります。重ねたりもできないですし、いかにも家電な見た目なので、おしゃれな雰囲気にもできません。なので、断捨離したいと考える人も少なくないですね。

私は、炊飯器が壊れてしまった際に半年ほど、炊飯器を使わない生活をしていたことがあります。その時の経験から、炊飯器を断捨離しても大丈夫かどうかについて考えてみました。

鍋で米を炊くのは面倒ではない

当時、私は一人暮らしだったことと、パンやパスタを食べることも多かったので、炊飯器がないことはまったく苦ではありませんでした。

調理器具は、土鍋ではなく、耐熱ガラス製の鍋を使っていました。中の様子が見えるので、沸騰してる泡の様子や水分の具合もわかりやすく、料理初心者でも、すぐに上手に炊けるようになりました。

送料無料 VISIONS(ビジョン) ガラスのソースパン(片手鍋) 1.5L

要領はキャンプファイヤーで飯盒炊爨をする感じです。鍋に生のコメを入れてとぎ、水の量は人差し指を立てて、第一関節くらいにし、強火にかけます。泡が大きくなって水分がなくなってきたら弱火にして、泡がなくなってきたら火を止めてしばらく放置するだけです。

ご飯を炊くことが、他のおかずの料理をすることの一環になるのだけなので、手料理をつくっているという満足感がありました。

コンロの数は足りるのか

2口コンロであれば、1つを炊飯用とし、もう1つでおかずの調理ができます。でも、炒め物とみそ汁と作りたい時はどうするのでしょうか?

炊飯器を使っている人でも、揚げ物と汁物と炒め物をしたい場合、2口コンロでは足りませんが、まぁなんとなかりますよね。

おそらく、汁物は蓋をしておけば、しばらく保温がききますので、食卓などにおいて置き、炒め物も調理ができたら盛り付けをするので、すぐにコンロがあくのではないでしょうか?

結局、コンロの数は、同時進行する調理の数なので、せいぜい2個あれば、普通の家庭料理であれば十分なのです。

鍋のおき場所が必要なだけで、それはコンロの上でなくてもよいはずです。

私は、1口コンロでしたが、おかずの下準備をしながら炊飯を行い、火加減の調整が終わってあとは保温するだけになったら、鍋は鍋敷きを引いて食卓に放置していました。

その後おかずの調理をして、できるだけ食器洗いもすませると、ちょうどご飯がいい具合で炊けているという時間配分です。

タイマー予約ができない難点

炊飯器の断捨離をして難点だったこと一つがタイマー予約ができないことです。「寝る前にタイマー予約をして起きたら炊けている」ということが、鍋を使った炊飯だとできません。

30分くらいあればご飯は炊けますが、バタバタしている朝には、ご飯をゆっくり食べて・・・という気分にはならないことが多かったです。

でも、もともと、朝はパン派。トーストやヨーグルト・シリアルなどを食べることが多かったので、そのような食生活であれば問題はないでしょう。

ご飯の保温もできない

また、鍋による炊飯だと余ったご飯を保温しておくことができません。

でも、何時間も保温したご飯って美味しくないですよね。

実は、その後、炊飯器が直ったので、ずーっと使っているのですが、保温機能を使うことはありません。

ご飯の端っこがカピカピになって、ちょっと黄色っぽくなるような保温後のご飯が、嫌いなのです。

ご飯が余ったときは、冷蔵庫で保管し、チャーハンや、オムライスや、リゾット風にして食べます。

保温したご飯よりもこっちのほうが美味しいので、この点については、炊飯器がなくても困りません。

まとめ

炊飯器を断捨離した場合のメリットとデメリットについてまとめてみました。

食生活のスタイルや好みによっては炊飯器があったほうが便利という場合もありますが、なくてもものすごく困るという程ではないだろうというのが結論です。

我が家においても、今のところ炊飯器が壊れる気配がなく、収納できる扉付きの棚があるので、炊飯器を使っています。でも、もし壊れたら、鍋で炊飯するスタイルにすればいいかな~と思っています。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > 炊飯器は断捨離しても大丈夫?