洋服の捨て方にはどのような方法があるの?

ゴミ箱
スポンサードリンク

作成

断捨離で処分したいのは洋服!という人も多いのではないでしょうか。大量の服を処分する場合、捨て方をしっかり把握しておきたいところですね。

ルール違反な捨て方をして、思わぬ迷惑をかけてしまうことにもなりかねませんので気を付けましょう。

住んでいる地域ごとの捨て方ルール

洋服の捨て方は、住んでいる地域によって異なります。ゴミ収集所に分別の仕方や収集日についての説明書きが張ってあることも多いですし、市役所・区役所などのホームページで調べることもできますので、よく読みましょう。

私の住んでいるエリアでは、服などの布類専用の収集日が週に1回あります。中身が見えるビニール袋に入れて出せばよいので、捨てたい衣服はその日までにまとめるようにしています。

エリアによっては、燃えるゴミとして服を出せばよいところもありますし、専用のゴミ袋に入れなければならないなどの条件付きの場合もあります。

下着の捨て方

洋服専用の収集日がある自治体は、リサイクルを目的としています。回収された洋服は、選別されて使えるものは業者に買い取ってもらったり、フリーマーケット的に販売したりしています。

つまり、人に見られるものなのです。といっても、リサイクルショップに持ち込むように対面で、「この人の使っていた服だ」と認識されるわけではないので、恥ずかしがる必要はありませんが、そもそもリサイクルできないようなボロボロのものや下着類は、燃えるごみとして捨てればよいでしょう。

女性は特に、あからさまに下着が見えるように捨てることはよくありません。防犯面から考えると、そこに女性が住んでいるとわかると危険なこともあるからです。

なので、紙で包むなどして下着であることが外からわわからないようにして、ビニール袋に入れて捨てるのがよいです。

より慎重にしたい場合は、ハサミで切り刻んで布切れにしてしまえば元が何であったかわからなくなります。

また、ワイヤー入りのブラジャーの金属など、布ではない素材が含まれている場合は取り外して、分別して捨てる必要があります。

リサイクルショップで買い取り

美品の洋服を処分したい場合は、リサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。

洋服の買い取りは、ブランド物や骨とう品と違って、「海外へまとめ売り」という手段があるため、少々古くなった服でも、買い取り(引き取り)してくれるリサイクルショップも多くあります。

有名リサイクルチェーン店に洋服を持ち込んでも、買い取り価格の値段がつかないことはざらにありますが、引き取りはしてくれるでしょう。

洋服をキロ単位で買い取りをしてくれるお店もありますので、探してみるとよいでしょう。

服を寄付する

自治体の掲示板やネットで「服 寄付」などで調べると、服の寄付を募集しているNPO団体などの情報をみつけられます。

段ボールに詰めて送ればいいというスタイルのものが多いので、募集内容に沿った服があれば活用してみるのもよいでしょう。

しかし、寄付だからといってなんでも送り付けるのはかえって迷惑となる場合もあります。送れないものの規定があったり、なるべくまとめて送ってほしいなど、団体によって希望があるものです。

せっかく寄付をするなら、負担をかけずに役に立ててもらえるように届けたいところですね。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 洋服の捨て方にはどのような方法があるの?