カバンの断捨離方法と理想の鞄の数

白いカバン
スポンサードリンク

作成

カバンの断捨離方法についてまとめました。私が行っている各種断捨離の中でも、取り組みやすい分野のひとつだったので、苦手意識がある方にもぜひおすすめです。

カバンの選別方法

カバンを断捨離するために、まず、使用頻度の高いものとそうでないものを分けてみることからはじめます。

おそらく、多くの人にとって、よく使うカバンというものは限られてくるのではないでしょうか。

私も、通勤バッグは1種類を使い倒して新しく買うスタイルです。荷物はいつも入れっぱなしにしていて、毎日同じ通勤バッグを使っていました。

バッグインバッグをつかっている人や、洋服に合わせてバッグもかえるようなおしゃれな人もいますが、周囲を見回してみると、毎日同じバッグを使うスタイルの人が大多数ではないかと思います。

いちいち、中身を入れ替えると、忘れ物をしたりして面倒だからでしょう。

つまり、カバンは、よく使うものとあまり使わないものがはっきりとしやすいので、選別するのは簡単にできるでしょう。

私のカバンの断捨離事例

私の場合、カバンを選別したら以下の通りになりました。

残したカバン

  • 革のトートバッグ・・・書類やノートパソコンも入るお仕事用のメインバッグ
  • ショルダーバッグ・・・カジュアルや一泊旅行に使える
  • 布製エコバッグ(トートバッグ)・・・近所に買い物に行くときなど
  • おしゃれ2wayバッグ(ショルダー or ハンドバッグ)・・・キレイ目スタイルでも使える小さめのバッグ
  • リュックサック・・・アウトドアや登山用(緊急持ち出し用防災グッズ入れになっています。)
  • 冠婚葬祭用ハンドバック
  • カジュアルバッグ・・・(使っていないが気に入っているので雑貨収納箱として使用)
  • 小さめバッグ・・・犬の散歩用

手放したカバン

  • ボストンバッグ・・・1泊旅行に使えるカジュアルバッグ、ショルダー行方不明、だいぶ古い
  • ショルダーバッグ・・・仕事にもカジュアルにも使える、ノートパソコンはギリギリ入る、生地の傷みやや目立つ
  • カゴバッグ
  • ミニリュック

もともと、持っているカバンの数が少なめですが、ギリギリまで減らすことができました。

カバン断捨離のポイント

手放すカバンは、使う頻度が少なさを重視して決めました。

カゴバッグは、夏になると欲しくなるのですが、季節が限られているうえに、仕事などのカチッとした場面でも使えないので、かなりシチュエーションが限られてきます。

だいぶ古くなっていて、デザインも流行おくれだったので、今回処分しました。

また、私は、一泊旅行にもいけるくらいのサイズのカジュアルバッグが好きで、つい欲しくなってしまうようです。

そんなに頻繁に旅行に行くわけではないため、使う頻度は多くありません。それなのに、同じような用途のバッグがたくさんありました。

好きだから、必要がなくても買ってしまうんですね。でも、使わずにしまっておくだけでは単なる無駄です。

無理して使おうにも、古いバッグをもっているとダサく見えます。

なので、あまりつかっていないバッグは、早めに手放したほうがスッキリします。

今後の注意点としては、具体的に使う予定がないバッグは買わないようにすることが大切ですね。

捨てられないカバンをどうするのか

カバンはアイテムとしてかわいいので、使わないけれど持っていたいという女性も多いです。

十分な収納スペースがあるならば、観賞用として持っておくのもよいかもしれませんが、普通の人は、そういうわけにもいきません。

でも、1つ2つくらいはそういうカバンがあってもいいかなとは思います。多少無駄であって、気持ちが満たされるものならば、少量であれば、人生のエッセンスです。

私も、ほとんど使っていないけれど、今は手放したくないカバンが1つありました。

四角いトランク型のカジュアルバッグで、一時期はよく使っていたのですが、今の自分には少し子供っぽいので、似合わなくなってしまいました。

そのうち、処分する気にはなると思いますが、今はまだ手元に置いておきたい・・・

そう思ったので、カバンとしてではなく、収納箱として持っておくことにしました。細々とした美容雑貨などを入れて、クローゼットの中に置いています。

これなら、きちんと役割を果たしているので、無駄な所有物にはなりません。

使わないけど捨てたくない・・・そんなカバンの扱いに困ったときは、ぜひ参考にしてみてください。

理想のカバンの数

断捨離をして、所有するカバンの数は8個になりました。

用途としては、以下の通りで、私にとっても無駄は、ほぼない状態です。

  • ビジネス用バッグ
  • カジュアルショルダーバッグ
  • 近所に買い物に行くときやエクストラバッグとして
  • おしゃれ小さめのバッグ
  • リュックサック
  • 冠婚葬祭用ハンドバック
  • カジュアルバッグ(雑貨収納箱として使用)
  • 犬の散歩用バッグ

必要な鞄と目的

ノートパソコンを持ち歩く頻度が下がってきているので、ビジネス用バッグとカジュアルショルダーバッグは兼用のもの1つになるかもしれません。

エクストラバッグは、折りたたんで帰りの荷物が多くなりそうなときにも使えて、日常的にガシガシつかえるものが便利なので、よく使います。もう少し大きいサイズでもいいかなと思っているので、買い替えるときに検討したいと思います。

おしゃれ目のバッグは1つは持っていたいので、流行もとりいれつつ、楽しんでいきたいです。あまり小さすぎると用途が限られるので、使い勝手を考えながら選びたいですね。色やデザインについては、多少冒険したいバッグです。ファッションをシンプル系にしているので、アクセントとなるような派手な色のものでも割と合わせられると思います。

リュックサックは、使う頻度はほぼないのですが、地震などで非難をするときにはこれを背負って逃げる予定です。非常食や懐中電灯などが入っているので、すぐに持ち出せます。

犬用バッグは汚れやすいので、消耗品的に考えています。おしゃれも関係なく、ノベルティでもらったバッグなどでもいいので、増えないように気を付けるだけです。

理想のカバンについての結論

ということで、私の理想のバッグの数は、7,8個というところです。

まぁ、10個位であれば、きちんと把握しながら楽しんで使えると思うので、いい感じかなという結論にいたりました。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > カバンの断捨離方法と理想の鞄の数