アクセサリーの断捨離事例紹介(ミニマリストになりたいアラフォー女性の場合)

アクセサリーを身に着ける女性
スポンサードリンク

作成

アクセサリーの断捨離をしました。

イヤリング類は30個くらい、ネックレスは10本くらい手放し、とりあえず、ミニマリストへ向けての第一段階断捨離が完了したかなと思っています。

断捨離後のアクセサリー状況

ずばり、断捨離後の現在の私の手持ちのアクセサリーはこちらです。
断捨離したアクセサリー類

  • パールのネックレス(ロング)
  • パールのネックレス(ショート)
  • 珊瑚?艶消しパールのネックレス(ショート)
  • ゴールドのデザインネックレス
  • ゴールドのハートネックレス
  • ポチポワン刺繍ネックレス
  • 腕時計
  • パール指輪
  • パール x ゴールドイヤリング
  • パール x シルバーイヤリング
  • ゴールドデザインイヤリング
  • ゴールド極小イヤリング
  • ゴールド x ダイヤのリング
  • シルバーリング

ミニマリストにしてはまだまだ多いのですが、まぁまぁの数でコンパクトに収まっているかなぁと思っています。

アクセサリーに関する考え方

私は基本的に、アクセサリーを身に着けることがあまり好きではありません。締め付け感というか、なにかついている状態が気になるのです。

重たいネックレスは肩が凝るし、指輪は外れそうな緩さが嫌で、つけるなら外すときに石鹸を付けないと取れないくらいのぴったりサイズでないと不安です。イヤリングも、電話をする時にあたるのが嫌です。

でも、やっぱり、女性なので、おしゃれをしたい時にはアクセサリーをつけたくなります。年齢的にも、何かつけないと、みすぼらしい感じがするような気がしています。

また、ネットショップや雑貨屋さんでアクセサリーを見ることは好きです。

ごちゃごちゃとアクセサリーを所有していた時は、ネックレスは絡まっていて、イヤリングもガラスの瓶にがばっと入れていました。

身に着けるためというよりは、所有して安心したり、インテリア小物としてかわいいという感じが大きかったのかもしれません。

でも、断捨離をはじめて、「モノは使わないと意味がない」という考え方に変わってきたため、アクセサリーを身に着ける機会を増やそうと思っています。

実際に、断捨離をしてからは、ちょっと近所に外食にでかけるとか、一人で買い物に行くような場合にも、ネックレス・イヤリング・リングの3点セットで身に着けるようになりました。

数を減らしたほうが選ぶのが簡単ですし、取り出ししやすので、メイクの延長でアクセサリーを楽しんでいます。

手放せないアクセサリーの理由

断捨離はしたものの、まだ、ほとんど使っていないけれど手放せないアクセサリーがあります。

腕時計と刺繍のネックレスです。

腕時計は電池も入っていません。もう十年以上も使っておらず、腕時計をする習慣が全くないのですが、デザインは気に入ってはいるので捨てられません。

また、刺繍のネックレスは、初めてヨーロッパ旅行に行った時に買った物です。プチポワンというオーストリアの伝統工芸品で、思い出の品なので、身に着けるというよりは、宝物として持っていたいモノです。

今後の断捨離予定

断捨離後にアクセサリーを使っていて思ったことは、これだけ数が少なくても、やはり、使う頻度に偏りが出るということです。

今後の断捨離予定としては、イヤリング2つを手放して、揺れるデザインやもっと大き目デザインのイヤリングを一つ買い足したいです。

また、ゴールドのネックレスは一つでいいかな・・・パール系ネックレスが3本もあるけど、結構使用頻度が高いので必要なのかな・・・とこの辺りは、どのようなものがベストかまだ決めかねています。

必要なアクセサリーは何か?

所有するモノの数を減らしたい気持ちはあるのですが、論理的に減らせるだろうというものと、実際の使用頻度が必ずしも一致しないので、使いながら考えているところです。

例えば、パール系ネックレスは、短くてつやありのものが、ほかの2本と特徴が被っているので、要らないように思うのですが、一番のお気に入りでよく使います。

だからといって、ロングネックレスもそれなりに使っているし、艶消しを身に着けたい気分の日もあるのです。

おそらく、自分は、パール系のアクセサリーが好きなんだろうということは、断捨離をして初めて気づいたことです。

好きなものは、何種類か持っていても、使いまわして楽しむために必要なものなので、無理に断捨離をすることもないですよね。

また、若いころはシルバー系が好きだったのですが、今はゴールドのほうに惹かれます。パーソナルカラー診断をやってみた結果も、自分お肌の色には、シルバーよりもゴールドのほうがに合うという結果だったので、ゴールドアクセサリーは買い足したい気持ちがあります。なので、シルバー系のアクセサリーは手放してもいいかな・・・。

いずれにして、断捨離をしたことによって、どんなアクセサリーを持っていたいか?使いたいか?ということが少しずつ分かってきたことは確かです。

大量のものをただ持っているだけでは全く意味がないなと、改めて実感しました。



人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

関連記事

トップ > アクセサリーの断捨離事例紹介(ミニマリストになりたいアラフォー女性の場合)