【比較】エアークローゼット×サスティナの違いまとめ

エアークローゼットXサスティナ
スポンサードリンク

作成

ファッションレンタルサービスで有名な、「エアークローゼット(airCloset)」と「サスティナ(SUSTINA)」ですが、違いがよく分からなくて選べない人もいるでしょう。

そこで、今回は、この2つのサービスの料金・特徴・ブランド・口コミなどの違いを徹底比較してみました。

エアークローゼットとサスティナの違い

料金

パソコン
エアークローゼットの利用にかかる費用は、以下です。

プラン料金
ライト6,800円/月
レギュラー9,800円/月
レギュラーおまとめパック28,400円/3ヶ月~

ライトプランは、月に1回3着のレンタルができます。レギュラーおよびレギュラーおまとめパックは、無制限で借り放題です。

すべてのプランにおいて、クリーニング料金は不要で、返却期限はありません。

すべてのプランにおいて、別途1回につき返送料として300円(税抜)がかかります。

また、レギュラーおよびレギュラーおまとめパックには、1ヵ月間満足保証がついているので、届く洋服のスタイリングに満足できなかった場合、月額料金を返却してもらえます。

支払方法は、クレジットカードまたは後払い方法が選べて、後払い方法は、請求書の支払期限までにコンビニ・郵便局・銀行で代金を支払う方法です。

料金の発生は月額会員に登録した時点で、登録は無料でできます。無料登録会員になるには、メールアドレスの登録が必要で、登録するとクローゼットのスタイルブックやアイテムブックにてどのような洋服があるのか見ることができます。



一方、サスティナの利用料金は以下です。

プラン料金
ベーシック15アイテム3,900円/月
プレミアム30アイテム7,900円/月

15アイテムプランは、1か月に洋服やアクセサリーを15個までレンタルすることができ、30アイテムは30個までレンタルすることができます。

どちらのプランも、送料は月額料金に含まれているためかかりません。無料です。

どちらのプランも、クリーニング料金は不要で、返却期限はありません。

支払方法は、クレジットカードのみとなっています。

料金が発生するタイミングは、クレジットカードの情報を登録した時点で、アプリのインストールやメール登録は無料でできます。

無料会員(メールアドレスを登録した段階)は、アイテムの閲覧とアイテムのお気に入り登録をすることはできるので、とりあえずアイテムをチェックして有料サービスを使うかどうかを考えることができます。

エアークローゼットの公式サイトを見てみる↓
サスティナの公式サイトを見てみる↓


サービスの特徴

スマホ女子
エアークローゼットは、スタイリストが選定した洋服をレンタルできるサービスで、特徴は以下です。

  • プロのスタイリストが服を選んでくれるので、普段自分が選ばないテイストにチャレンジできる
  • 会員登録数が140,000人を突破したレンタルファッション大手
  • VERYやCLASSY.などのコンサバ系ファッションが得意
  • 20代から50代くらいまでの幅広い年齢層におすすめ
  • ワンランク上のファッションが楽しめる
  • 通常のご利用で生じた汚破損については細かい料金設定がされている
内容修繕費用
ライトプランレギュラープラン
インク・ファンデ・食べ物等によるシミ1200円/1着600円/1着
縫い目の裂け・ほどけ・ほつれ500円/1ヶ所250円/1ヶ所
ボタン・装飾品の外れで、現物返却あり800円/1ヶ所400円/1ヶ所
生地引っ掛けによる糸つれ、糸飛び出し等800円/1ヶ所400円/1ヶ所

修繕できない場合は弁償となり、弁償金は、ライト会員が会員価格。レギュラー会員が会員価格の10%です。

紛失をしてい待った場合は、ともに会員価格の弁償金がかかります。

修繕費といっても数百円ですし、弁償というと、ドキッとしますが、自分の服だったとしたら、クリーニング出すと数千円かかったり、紛失となると洋服を買った金額がぱぁになるわけですから、それに比べると安い金額で抑えられています。

なによりも、料金が明確に決められているので、法外な料金を請求される心配がない点は安心できるサービスですね。



一方、サスティナは、数万点の洋服・バッグ・アクセサリーからすきなアイテムを自由な組み合わせで借りることができるファッションレンタルサービスです。特徴は以下です。

  • 日常使用の範囲での汚れやキズのメンテナンス代金は月額料金に含まれているので無料(ボタンが外れたり、コーヒーをこぼしてしまっても、追加料金はかかりませんが、補償金および弁償金を請求される場合もある)
  • 20代から30代の女子に人気のファッションブランドが揃っていて、40代位までのユーザーが多い
  • 毎月1回無料で交換できて、交換しなかったら翌月に繰り越せる
  • 届くアイテムは新品ではなくクリーニング済の中古品
  • レディースだけでなく、メンズやキッズアイテムもある
エアークローゼットの公式サイトを見てみる↓
サスティナの公式サイトを見てみる↓


ブランド

ハンガーにかけられた洋服エアークローゼットでレンタルできる洋服のブランド300以上あり、百貨店で取り扱いがあるようなちょっといいブランドもあります。

公式サイトでは、取り扱いブランドの公表はされていませんが、利用者の口コミから、取り扱いブランドの一部をご紹介します。

  • UNITED ARROWS
  • DRWCYS
  • INED
  • DONA-MARIE
  • anana
  • ONWARD J BRIDGE
  • Bab Bou Jeloud
  • Airy Fairy New York
  • AULI
  • ROSIEE
  • ORIVER SAT
  • KAMILI
  • Pozit
  • Ennea
  • INNOWAVE
  • Richt
  • triico
  • chaines
  • lyricc
  • GREENDLE GARNET

一方、サスティナの取り扱いブランド例は以下です。

  • UNITED ARROWS
  • BEAMS
  • SHIPS
  • jewel changes
  • INDIVI
  • MACPHEE
  • theory
  • Spick and Span Noble
  • aqua girl
  • Another Editionv
  • Spick and Span
  • LOWRYS FARM
  • tommy girl
  • Ciaopanic
  • RNA
  • JOURNAL STANDARD
  • moussy
  • SLY
  • MURUA
  • JILL STUART
エアークローゼットの公式サイトを見てみる↓
サスティナの公式サイトを見てみる↓


口コミ・評判

エアークローゼットに関する口コミの声をご紹介します。

みなさんファションを楽しんでいますね♪

エアークローゼットはおしゃれな服が多くて、満足度は高いようです。

自分のものとして手元に置いておきたいお気に入りの洋服って、何回か着てみないと分からないことが多いモノ。

エアークローゼットは、本当に好きな服を知る為のサービスかもしれません。気にいったら買取るという方法もあります。



一方、サスティナの口コミはこんな感じです。

エアークローゼットに比べると、口コミの声はかなり少ないです。利用者が少ないということでしょう。

「沢山借りられるので洋服を買う必要がない!」という合理的な理由で使う人が多い印象で、おしゃれ度に対する満足度は少し低いようです。

エアークローゼットの公式サイトを見てみる↓
サスティナの公式サイトを見てみる↓


エアークローゼット・サスティナがおすすめなのはどんな人?

エアークローゼットをおススメするのは以下の人です。

  • おしゃれに敏感
  • 20代~50代の女性
  • コーディネートしてほしい
  • ファッションセンスを磨きたい
  • ファッションセンスに自信がないのでお任せしたい
  • ワンランク上のファッションを着こなしたい

エアークローゼット利用者はおしゃれな人も多いので、ファッションを楽しみたい人や外見を良くしたい人におすすめです。



一方、サスティナをおススメするのは以下の人です。

  • 20代~40代男女(特に若い女性)
  • いろんな服を安く楽しみたい
  • 自分で洋服選びができる

サスティナの洋服は、ダサイという口コミも多いので、サスティナを利用すればおしゃれになれるとは限りません。

自分で洋服選びをする手間暇はかかるので、ファッションセンスは必要です。

なので、20代・30代の女性で、色々なファッションを試してみたい人におすすめです。

エアークローゼットの公式サイトを見てみる↓
サスティナの公式サイトを見てみる↓


人気記事【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

トップ > 【比較】エアークローゼット×サスティナの違いまとめ