掃除機の断捨離をしていた時のはなし

箒
スポンサードリンク

作成

我が家は掃除機の断捨離をして、所有していなかった時期があります。

今は、室内犬を飼っているため、犬の抜け毛があちこちに浮遊するので、掃除機を使っていますが、犬を飼う前の5年くらいは、掃除機を使わない生活でした。

その時の掃除事情などについてご紹介します。

掃除機を断捨離した理由

掃除機を断捨離した理由は、節約心でした。

当時、ダイソンなどの高級掃除機の人気が出始めたころで、どうせ買うなら高い掃除機がいいな~と思っていたのです。

でも、機能やデザインを追求していくと、数万円~5万円以上もする掃除機となり、なんだか、急に、そんな高いものは買うのがもったいないと、極端に気持ちが変化しました。

で、当時は、一人暮らしをしていた時に使っていたスティックタイプの安い掃除機しか持っていなかったのですが、吸引力が弱くなったとかんじていて、「こんな掃除機をかけても時間の無駄だなぁ」と思い、処分することにしました。で、そのまま、新しい掃除機は買わなかったのです。

掃除機を使わない掃除方法

その頃の掃除方法はホウキがメインでした。100円ショップに売っているプラスチック製のホウキが気に入っていて、チリトリと合わせて費用はたったの200円(税抜き)です。

ホウキは、さっと取り出せるので、毎朝手短に掃除をするのが習慣になっていました。部屋ごとにごみを集めて塵取りでとってゴミ箱へ捨てるだけです。

3部屋の掃除をするのに10分もかかっていないでしょう。適当です。汚れが気になるときは、1~2週間に1回くらい水吹きで雑巾がけをしていました。

ちなみに、ずぼらな私は、雑巾がけは足でやっています。腰が痛くなることはないし、エクササイズになるので、いいですよ。

それから、床がオールフローリングで、カーペット敷きの部屋がなかったことも、掃除機のない生活がスムーズにいった理由かもしれません。

キッチンとお風呂場とリビングにラグマットを敷いていましたが、時々ベランダでパンパンと叩いて汚れを落とすくらいです。あとはこまめに洗濯をしていました。

掃除機があったほうが良いケース

掃除機を使うようになって、吸い取ったゴミを見てみると、ほこりと犬の毛と髪の毛が多いことがわかりました。

うちの犬は、ベッドにも自由に上がらせているため、布団や枕につく犬の毛が結構あります。

家の中で元気よく走り回っているため、ほこりも多くなりましたね。なので、犬を飼っている家庭は掃除機は必要だと思います。

人間の髪の毛であれば、ホウキで集めることもできますが、ふわふわした綿埃のようなごみや布に絡みついた毛は、ホウキでは取りにくく、掃除機の良さが発揮されるシチュエーションです。

今は、家中に掃除機をかけていますが、床と同じくらいに、布団周りやカーテン回りなどをハンディタイプの掃除機で吸い取ることが多いです。

家庭によっては、普通用掃除機よりも、布団クリーナーやハンディクリーナーのほうが使い勝手がいい場合もあるかもしれませんね。

まとめ

犬を飼っている場合は掃除機をつかったほうがよいと思いますが、掃除機を断捨離してホウキ・ちりとりと水拭きの掃除スタイルでも掃除はできます。

普通の掃除機だけでなく、ハンディクリーナーや布団クリーナーのように、床以外の掃除にも対応した商品もあるので、必要があれば取り入れるのもよいでしょう。

道具の数を減らすことが断捨離ではないので、必要なものを考えて、用途に合った掃除機・掃除用具選びができるとよいですね。

お気軽に共有してください♪

関連記事

トップ > 掃除機の断捨離をしていた時のはなし